「ナースが教える仕事術」は仕事や人間関係の問題に役立つノウハウを紹介しています。今回は最近の記事の中からとくに人気の高かったノウハウをランキング形式でお届けしますね。 あなたに役立つノウハウがないか、ぜひチェックしてください!

ストレスマネジメント, 人気記事ランキング, 仕事術, 思考法, 社会人のためのマナー, 雑学・トリビア

ナースが教える仕事術 2017年度人気記事ランキング発表!

このコンテンツでは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、あなたの生活に役立つ話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説しています。
当コンテンツはこちらの運営ポリシーに沿って、信用度の高い情報を取り上げています。もしお気付きの点などございましたら、お知らせください。


こんにちは!
ユリカモメ病院の新人ナース、山下リコです。

今あなたが読んでいる「ナースが教える仕事術」は、仕事や人間関係に関するノウハウをテーマにしたブログです。

仕事や人間関係の悩みって、なかなか相談しづらいですよね。
本ブログではそんな仕事や人間関係で困っている人の手助けができればと思い、これまで記事を公開してきました。

そして、今回は【人気記事ランキング】をお届けします!
最近公開した記事のなかで、とくに人気が高かった記事ベスト10を紹介しますね。

このランキングを見ると、世の中の人がどんなことに困っているか、少しわかるかもしれません。
もし、役に立つ情報があれば、ぜひまわりの人たちにも教えてあげてくださいね。

それでは、まいりますっ!

ランキング

(※今回のランキングは、2016年11月1日~2017年11月31日の間に公開した記事を対象としています)

アンガーマネジメントで学ぼう!カンタンにできる怒りやイライラのコントロール術

ランキングの第1位は・・・!

アンガーマネジメントで学ぼう!カンタンにできる怒りやイライラのコントロール術」です!

「アンガーマネジメント」とは、怒りの感情とうまく付き合うための方法のこと。
アンガーマネジメントを実践すると、怒りの感情をコントロールできるようになり、人間関係がスムーズにいくようになるんです。

この記事が1位になるということは、「イライラする感情をどうにかしたい」と考える人が多いのかもしれませんね。

そんなアンガーマネジメントは、アメリカではスポーツ選手や政治家、学生まで多くの人々が学んでいます。
日本でも関心が高まっていて、企業が社員のストレスマネジメントとして取り入れたり、子供たちが学べるアンガーマネジメントプログラムがあったりするんですよ。

アンガーマネジメントのノウハウとして、まず知ってほしいのは「6秒ルール」です。

諸説あるのですが、実は怒りのピークは長くて6秒といわれています。
この6秒をやり過ごすだけで、大ケンカにならずに済むんです。

アンガーマネジメント

また、怒りを感じる理由は人によって違い、6つのタイプがあります。
この記事では、あなたのタイプがわかる簡易テストも紹介していますよ。

自分が怒るポイントがわかれば、怒りの感情に対処しやすくなります。
「最近イライラすることが多い」という人は、この記事を読んでみてくださいね。

集中力が続かないのは自然なことだった!集中力を高める方法とポモドーロ・テクニックについて

第2位には「集中力が続かないのは自然なことだった!集中力を高める方法とポモドーロ・テクニックについて」がランクインしました!

この記事では、「集中力」について説明しています。
仕事や勉強を効率的に進めるために集中力を高めたいと思っても、コントロールすることは難しいですよね。

たとえば、テスト前日の夜。
「勉強しなきゃ」と思いながら、ついマンガを読んでしまい試験勉強ができなかった、なんて経験はありませんか?

“集中しないといけないのに、ほかの行動をとってしまう”という、この状態。
実は、「セルフ・ハンディキャッピング」という心理が働いているんです。

集中力

セルフ・ハンディキャッピングとは、自分の能力が評価される場面に直面したとき、無意識に自らハンディキャップを背負うことで、失敗したときのダメージを減らそうとする心理のこと。

先ほどの試験前夜の例では、「試験勉強をしないといけないのにマンガを読んでしまった」という状況をつくることで、テストの点数が悪かったときの原因を自分の能力ではなく、マンガを読んだことにしようとしているんです。

なかなか、複雑な心理が働いているんですね・・・。

さらに、人間の脳はもともと集中することに向いていないので、集中力を高めるには工夫が必要なんです。
この記事を読むと、人間の脳が集中しにくい理由や、集中力を高める方法がわかります。

実りのないブレストはやめよう!ブレインストーミング(ブレスト)を成功させるための準備・やり方まとめ

第3位にランクインしたのは「【保存版】ブレインストーミング(ブレスト)を成功させるための準備・やり方まとめ」という記事です!

「ブレインストーミング(ブレスト)」とは、新しいアイデアを生み出す会議方法のことで、さまざまな場面で活用されています。
参加者が自由にアイデアを出すことが特徴で、アイデアが新たなアイデアを生み出したり、議論を深めたりすることができるんです。

しかし、ブレストの場で意見が出ず、議論が盛り上がらないという事態は起こりがちです。
その原因の多くは、正しいルールを理解せずに、ブレストをしているからなんです。

ブレストの正しいルールとは、以下4つです。


  1. 絶対に批判しない
  2. 自由奔放に意見を出す
  3. 質よりも量を重視する
  4. アイデアを発展させる

ブレインストーミング

ブレストを成功して新たなアイデアを生み出したい人はこの記事を読んで、ブレストのルールやブレストを成功させる準備について、チェックしてくださいね。


さて、ここからは「4位」から「10位」までの記事を紹介します。
ベスト3には入っていませんが、どの記事も仕事や人間関係に役立つノウハウが盛りだくさんです!

話がわかりにくいあの人に教えてあげたい!ロジカルシンキング(論理的思考)のトレーニング法

第4位は「ロジカルシンキング」に関する記事です。

ロジカルシンキングとは、さまざまな情報を論理的(ロジカル)に考えて(シンキング)、整理するスキルのこと。
ロジカルシンキングを身につけると、自分の主張をシンプルに整理することができ、自分の考えをまわりに理解してもらいやすくなるので、仕事や人間関係にプラスの影響があるんです。

ロジカルシンキング

この記事では、以下のように「私、山下リコがダイエットできない理由」を例にして、ロジカルシンキングの基本的な考え方を解説しています。

ロジックツリー

さらに、ロジカルシンキングを鍛える習慣についても説明していますので、気になる人はチェックしてくださいね。

自己紹介が苦手な人に読んでほしい!自己紹介を成功させる事前準備とポイント

第5位は「自己紹介」に関する記事です。

新しい出会いと自己紹介はいつもセット。
仕事では入社や転勤など職場での挨拶をはじめ、取引先への挨拶、交流会などがありますし、プライベートなら合コンでも自己紹介をします。

でも、自己紹介って緊張しますよね・・・。

人の視線を受けながら自分のことを話すのは苦手、という人は多いかもしれません。
とはいえ、自己紹介は避けて通れないので、苦手意識を減らしたいところです。

そこでこの記事では、以下のような“自己紹介のポイント”を紹介しました。


  1. 視線を合わせる
  2. 笑顔で警戒心をとく
  3. ゆっくり話す
  4. 声はワントーン高く
  5. 間を効果的に使う

自己紹介

さらに、あなたの魅力を整理して自己紹介に盛り込む方法も紹介しています。
ほとんどの人は自己紹介をする機会があるはずなので、ぜひチェックしておいてくださいね。

「ワーク・ライフ・バランス」の正しい意味を知っていますか?ワーク・ライフ・バランスが注目される理由と実現アイデア

第6位は「ワーク・ライフ・バランス」に関する記事です。

ワーク・ライフ・バランスとは、働く人すべてが仕事だけに追われるのではなく、生活でやりたいこと・やるべきことと、仕事が両立できる状態を指します。

ワーク・ライフ・バランスに関しては、子育て中の人が時短勤務をするなど、「家庭をもつ人」の権利と思われがちです。
しかし、本来は働く老若男女すべての人が実現するべきことなんです!

ワークライフバランス

この記事では、ワーク・ライフ・バランスが注目されている背景、実現するためのアイデアを説明しています。
老若男女問わず、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

人見知りの原因は「評価されたい気持ち」だった!人見知りの原因と克服法、人付き合いのポイント

第7位は「人見知り」について紹介している記事。

突然ですが、ここで人見知り度チェックです!
以下の項目で、あなたが当てはまるものはいくつありますか?


  1. 人の目を見るのが苦手
  2. 飲み会など、人と会って話す場が苦手
  3. 初対面の人に自分から挨拶できない
  4. 電車などで知らない人に席を譲る勇気がでない
  5. お店などで店員さんを呼び止めることができない
  6. 会議などで積極的に発言できない

人見知り度

上記のうち、ひとつでも当てはまれば人見知りの傾向があり、当てはまる数が多いほど人見知り度合いが強いんです。

もちろん、人見知りは悪いことではありません。
人見知りの人は、自分から積極的に話しかけない分、周囲をよく観察していて、さりげない気配りができる傾向があります。
この記事では、人見知りを緩和する方法だけでなく、人見知りのメリットについても説明しています!

年齢を重ねても記憶力はほとんど衰えない!記憶の仕組みを知って記憶力を高めよう

第8位は「記憶力」に関する記事です。

「歳をとると記憶力は落ちる」と考えている人は多いかもしれません。
しかし、実は記憶力は歳をとってもほとんど変わりません・・・!

歳をとると記憶力が落ちると感じる理由は、記憶が増えていくことで脳が情報を取捨選択し、思い出せない記憶があるからなんです。

このように、記憶力自体は衰えることはないのですが、人によって記憶力の良さは違います。
厳密には、記憶力を高める工夫をしている人とそうでない人がいるんです。

記憶力

この記事では、記憶のメカニズムや記憶力を高める勉強法を解説しています。
記憶力をアップしたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

幹事を任せられたら読むべし!楽しい飲み会にするために幹事がおさえるべき13のポイント

第9位は「幹事」に関する記事です。

「幹事ができる人は仕事もできる!」
こんな言葉を聞いたことはありませんか?

実は、幹事がするべき行動に仕事ができるようになるヒントがあるから、このように言われているんです。
たとえば、職場の飲み会で幹事をする場合、飲み会の趣旨や予算に合わせたお店選び、出席者のスケジュール調整、苦手な食べ物を確認するなど、さまざまな仕事があります。

そんな準備を通じて、以下のようなスキルが磨かれるんです!


  1. リーダーシップ
  2. 段取り力
  3. 交渉力
  4. コミュニケーション力
  5. 予算管理
  6. スケジュール管理

幹事

とはいえ、「幹事を任されて気が重いな・・・」という方もいるかもしれません。
そんなあなたのために、私が師長に教わった“幹事がおさえるべき13のポイント”をまとめています。

新入社員のビックリ行動は春の風物詩!先輩社員が教えてあげたい“新入社員の心得”

第10位は「新入社員」に関する記事です。

初々しい新入社員は職場に爽やかな風を吹き込んでくれますよね。
しかし、さまざまな珍事件を巻き起こすこともしばしば。

たとえば、電話対応に緊張して頭が真っ白になってしまい、電話の相手がまだ話しているのに電話を切ってしまったり・・・。

先輩社員からすると新入社員の行動は驚きの連続ですが、実は新入社員も人知れず悩みを抱えているんです。

新入社員

この記事では、新入社員の行動に隠された心理や、以下の“新入社員の心得9つ”を取り上げています。


  1. 注意されても落ち込まなくていい
  2. 結果ではなく過程を大切に
  3. わからないことをそのままにしない
  4. 時間や締切を守る
  5. 上司や先輩に報連相を行う
  6. 身のまわりを整理整頓する
  7. 公私混同しない
  8. 挨拶はハッキリと礼儀正しくする
  9. 自分ができることは積極的にやる

先輩社員や上司にあたる人は、ぜひ新入社員に伝えてあげてくださいね。


いかがでしたか?

「ナースが教える仕事術」では、今後も仕事や人間関係のノウハウを取り上げていきます。
あなたの仕事や生活をより良くするためのお手伝いになればと思っていますので、よかったらチェックしてくださいね。

もし、Twitterを使っていたら、私のTwitterもチェックいただけると、とってもうれしいです!

これからも、よろしくお願いします。

人気記事ランキングを紹介すると、なんだか年の瀬って感じですね。

そうね。
年末になると、ランキング記事を見かけるわよね。
「今年買ってよかったものベスト10」とか。

たしかによく見かけますね!
ちなみに、師長が今年買ってよかったものはなんですか?

そうね。
10位、婚活用のしわ取りクリーム。
9位、婚活用の細見えスーツ。
8位、婚活用の10歳若く見えるファンデーション。
7位・・・

あ、それ以上は大丈夫です・・・。

怒りの師長


当コンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが話者となり、あなたの生活に役立つ話をできるだけわかりやすく解説しています。


このページの先頭へ