あなたは頭痛に悩まされていませんか?実はその頭痛、肩や首のこりから起こる頭痛かもしれないんです!肩が凝ると、頭と関係の深い筋肉が硬くなってしまい、頭に血が流れにくくなってしまいます。それが頭痛の原因。そこでオススメしたいのが、隙間時間に簡単にできる「頭痛体操」です!

病気の知識

肩こりと頭痛は「頭痛体操」で防げる!?2分でできる超簡単ストレッチ

このコンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、現役の医師と看護師監修のもと、私たちの健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログです。


こんにちは!
ユリカモメ病院の新人ナース、山下リコです。

あなたは、毎日のようにパソコンに向かって作業をしていませんか?
パソコンを使っていると逃れられないのが「肩こり」・・・。

という私も、電子カルテの入力業務ではパソコンを使っているのですが、ひどい肩こりになってしまうこともしばしば・・・。
そして、ひどい肩こりになると、今度は「頭痛」も襲ってきて、とてもつらい状態になってしまいます。

そう、この頭痛がつらいんです・・・。

頭痛のビジネスウーマン

最近知ったんですが、肩こりになると頭痛も起こりやすいのは、頭と肩とを結ぶ筋肉が硬直するからだそうです。

実は、日本人の4人に1人が、肩こりと頭痛を併発しているそうなんですが、「私の頭痛も肩こりが原因かも・・・」と思っていたところ、まさにドンピシャでした!
肩こりが改善したことで、頭痛が治ったんです!

じゃあ、どうやって肩こりを改善させたのか?

ふふふ、実は・・・。
今回ご紹介する、「頭痛体操」を始めたことで改善できたんです!

「ええっ!体操で肩こりと頭痛が治るの!?」

そう驚かれた方は、ぜひ、今回の記事を読んで「頭痛体操」を試してみてください。
座ったままでもできる体操なので、デスクワークが多い方はオフィスなどでも簡単におこなうことができます。

(あ、以前、このブログで、「"片頭痛"の24%は天気が原因?」という記事を書きましたので、そちらの記事と合わせて読んでもらえるとうれしいです!)

肩こりと頭痛に悩まされるオフィスのサラリーマン

首や肩が凝ってしまう理由は、日常的な筋肉疲労が原因だった!

「頭痛体操」の方法をお教えする前に、首や肩が凝る理由をお話します。
(この理由を知っておかないと、せっかくの頭痛体操の効果も悪くなってしまうので)

首や肩こりの主な原因は“筋肉疲労”です。
筋肉疲労は血液の流れが悪くなることで起こります。

例えば、長時間のパソコン使用や車の運転などで肩こりを感じる方は多いと思いますが、そのような時は、肩の筋肉の中では酸素が不足し、疲労物質が作られています。

疲労物質がたまると筋肉は硬くなり、付近の血管を圧迫し、血液の流れを悪くします。
すると、筋肉に送られる酸素量が減り、さらに疲労物質が作られ、筋肉はますます硬くなります。

そのような悪循環が続くことで、どんどん肩こりを感じるようになるんですね。
また、首の筋肉は「身体の中で一番重い部位である頭」を支えている部分です。

ですので、普段から姿勢が悪いと、頭を支えるための筋肉に負担がかかり、慢性的に首や肩が凝ってしまうんですね。

肩こり

肩が凝ると頭痛が起こる理由は、頭と関係の深い筋肉が硬くなってしまうから!

首や肩が凝る理由については先程お話ししましたが、では、なぜ、肩がこると頭痛が起こってしまうのでしょう?

その理由は、頭の筋肉と近い筋肉が硬くなるためなんです!

肩や首の筋肉の多くは、頭の筋肉とつながっています。
とくに、背中の肩甲骨あたりまでの「僧帽筋」や、首の後ろの付け根から肩あたりまでの「後頸筋(深頸筋)」と呼ばれる筋肉は、頭の筋肉(側頭筋)と関係の深い筋肉といわれています。

筋肉疲労

これらの頭と関係の深い筋肉が硬くなったり、血流の流れが悪くなることで、頭の筋肉にも緊張などが起こり、結果として頭痛が引き起こされてしまうんです・・・!

日常的に頭痛を感じている6割の人が、首や肩のこりに悩んでいる!

また、小林製薬さんが運営する緊張型頭痛研究所ズキラボの調査によると、日常的に頭痛を感じている6割の人が、首や肩のこりに悩んでいるというデータが出ています。

緊張型頭痛の原因調査

頭痛の原因が首・肩こりの割合

  • 首・肩のこりが最大の原因・・・23.7%
  • 首・肩のこりも原因に含む・・・37.1%
  • 首・肩のこりが原因ではない・・・39.2%

「首・肩のこりが最大の原因」「首・肩のこりも原因に含む」のふたつの数字を合わせると、なんと、60.8%(約6割)の人が、肩こりを原因とする頭痛に悩まされているんですね!

緊張型頭痛が別名、「肩こり頭痛」とも呼ばれている理由がわかる気がします・・・!

頭痛体操が肩こりと頭痛に効果的!

そんな「肩こり頭痛」と呼ばれる緊張型頭痛は、筋肉の緊張をほぐす「頭痛体操」で手軽に緩和できてしまうんです。

やり方はとってもカンタン!
以下の様に体を動かしてください。

  1. 正面を向いて頭を動かさないようにする
  2. 両手を胸の高さで保ち、水平に腕を振る
  3. 体の中心をコマの軸のようにして左右交互に繰り返す

頭痛体操のポイントは、頭を動かさないこと。
体操は1回2分程の時間でOKですので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、頭痛体操は座ったままでも可能なんです!
席を立ちにくいデスクワークの合間にもできるので、ちょっとしたストレッチ代わりにピッタリですね!

頭痛体操

引用元:1日2分の頭痛体操 | スッきりんのバイバイ頭痛講座

頭痛体操は、緊張型頭痛の緩和だけでなく、片頭痛の予防にも効果的です。
首の後ろの筋肉がほぐれるので、痛みを調節する神経に刺激が送られ、片頭痛の頻度が低減するのだとか。

ひどい頭痛が起こっている場合の注意点

発熱をともなう頭痛や、痛みがひどい頭痛の場合、「器質性頭痛」とよばれる、病気が原因で起こる頭痛の恐れがあります。

脳出血や緑内障などの大きな病気が隠れている場合もありますので、そのような場合は、自分で判断せずに病院で受診されることをオススメします。
(吐き気や発熱、痺れなどの症状をともなう場合には、救急での処置が必要な場合があり注意が必要です)
なお、頭痛は整形外科や神経内科、脳神経外科などで受診できます。


いかがでしたか?

頭痛が起こる原因は様々ですが、「ギュっと頭を締め付けられるような痛み」が持続的に起こる場合は、首や肩こりが原因の緊張型頭痛かもしれません。

もし、緊張型頭痛の場合は、今回の「頭痛体操」をおこなえば、きっと楽になると思います。

レッツ!エクササイズ!

フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!

ほ・・・ほわわわわわ!

すごい風圧が・・・!

あら~リコちゃん、ごめんなさいね。

今、私、頭痛体操中なの。

フンッ!フンッ!フンッ!フンッ!

か、風が!!
師長が体を左右に振ることで、すさまじい風が起きています!!

ホッホッホ。
この風に乗せて頭痛にオサラバよッ!!

「頭痛体操」で肩こりも頭痛も、混沌も絶望も吹き飛ばすわ!!!

風神


当サイトは現役の医師と看護師の監修のもと、健康に関するわかりづらい情報を、架空のキャラクターである「山下リコ」と「伊集院ヨシミ」が話者となり、わかりやすく解説するために生まれたサイトです。

本サイトに書かれている情報は、現役の医師と看護師の監修のもとで提供されていますが、サイト内で紹介している各種ノウハウの効果にはどうしても個人差があります。
そのため、皆様の判断と責任のもとで参考にしてください。

もし、体調が悪いときや身体に異変を感じているときには、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。


もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ