あなたは健康診断結果に書かれた「尿酸値」ときちんと向き合っていますか? もし、尿酸値が高い方は、そのままだと「痛風発作」が起こる可能性があります! 今回は、激痛で歩けないほどの痛みといわれている「痛風」を防ぐために覚えておきたい「尿酸値」のお話と、健康診断結果を受けるメリットについての記事です!

検査の豆知識, 病気の知識

激痛で歩けない!怖い痛風の症状と原因を知って予防しよう

このコンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、現役の医師と看護師監修のもと、私たちの健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログです。


こんにちは!
ユリカモメ病院の新人ナース、山下リコです。

突然ですが、あなたは「からだ」と向き合う時間を持てていますか?

あまり向き合えていない、という方は要注意です!
忙しい日々を過ごす人ほど「痛風」になりやすいといわれています。
なぜなら、忙しい人ほど、健康面の見直しを後回しにしてしまいがちだからです。
また、ストレスをためやすい几帳面な性格や、肥満気味の方、アルコールが好きな方も気をつけてください。

そんなあなたにおすすめしたいのが「健康診断」です。
あなたは「健康診断」を毎年受けてらっしゃいますか?
健康診断結果ときちんと向き合っていますか?

健康診断結果

たとえば、再検査が必要な診断結果が出たのに「再検査を受ける時間がないから、放置しておこう・・・」って楽観視していませんか?

再検査が必要な診断結果を放置しておくのは論外。
せっかく精密検査をするためのきっかけを与えてくれているのに、それを無視するなんて、健康診断を受けた意味がないからです。

とくに、「尿酸値」の数値が7.0mg/dLを超えている方は、放っておくと大変なことになるかもしれません。
なぜなら、痛い痛い「痛風」になる恐れがあるからです・・・!

痛風とは、「尿酸」という老廃物の一種が血液中に増えて体の中に溜まった結果、発作を起こし、激しい関節痛が生じる病気です。

代表的な症状は、足の親指の関節が腫れ、激しい痛みを起こすこと。
アキレス腱の付け根や足の甲に痛みが起こることもあります。
(発作のほとんどが下肢の関節に起きるのが、この病気の特長です)

発症するタイミングは、暴飲暴食や激しい運動をしたあとの夜中から明け方が多いといわれています。

痛風

痛風患者さんにその痛みの程度を聞くと、「歩くことも立つこともできないくらいの激痛」「骨折したと錯覚するくらいの激痛」らしいです。
風に吹かれたくらいでも激しく痛むことから、「痛+風」で「痛風」と名付けられました。

病名に「痛」という言葉が入っていることから、その痛みのつらさが伝わってきますね・・・。

たとえば、以下は「男の健康」というサイトに掲載されていた痛風患者さんの心の叫びです。

「助けてくれ!」

夜半過ぎ、Fさんはあまりの足の痛みに耐え切れず、絶叫に近いうめき声で隣の妻を起こした。
そして生まれてはじめて救急車を呼んだ。

妻が電話口で「すみません。ご近所の手前、サイレンの音を消して来て頂けますか」という声を遠くに聞いた。

気を失ってしまいたいほどの痛みだった。

高尿酸値20年間放置の恐怖!突然襲った痛風の激痛から不眠症へ
(DIAMOND 男の健康)

・・・この記事を書いていると、私もだんだん怖くなってきたのですが、この痛風、古くは西洋で知られていた病気でした。
明治以前の日本では痛風患者はいなかったのですが、大正以後、食生活の欧米化によって患者が増加したといわれています。
最近の看護師国家試験でも痛風に関する問題が出題されるくらい、メジャーな病気になっています。

また最近では、20~30代の方が痛風になるケースも多いようです。
しかも、男性だけでなく、女性の患者さんも増えているようです。
(参考:高尿酸血症・痛風の最近の動向

では、痛風はどのように防げばよいのでしょうか?
痛風を予防するヒントは、定期的な健康診断で「尿酸値」をチェックすることにありました。

というわけで今回は、怖い痛風を防ぐための予防法についてお話しします!

それって痛風かもしれませんよ・・・!!

健康診断結果の「尿酸値」、7.0mg/dLよりも高い方は要注意!

あなたが会社にお勤めの場合、1年以上勤務している方は、会社からの指示で定期健康診断を受けていると思います。

もし、その健康診断の結果表に「尿酸値」という項目があれば、その数字に注目してください。

実は、尿酸値が7.0mg/dLよりも高い方は、「痛風予備軍」の可能性が高いんです。

健康診断、人間ドック、住民健診などの検査を受けると、検査結果の報告が来ます。
痛風の原因である尿酸の血液中の濃度は、「尿酸値」や「血清尿酸値」と記入されています。
男女ともにこの値が7.0mg/dLまでは基準値内です。
これを超えると異常で、高尿酸血症と呼ばれます。

痛風の原因と対策「尿酸の正常値は?」(公益財団法人 痛風財団)

最初にもお話しましたが、痛風の発作が起きる原因は「尿酸」という物質です。
尿酸値というのは、からだの中に尿酸がどれくらい蓄積されているかの濃度を示す数値なんです。

尿酸は、誰のからだの中にも一定量存在している老廃物のこと。
体内の細胞の新陳代謝によって、古い細胞が分解されたときに発生します。
(もう少し詳しく書くと、尿酸とは、細胞中にある「核酸」の構成物質の「プリン体」が肝臓で分解された際に生じる老廃物です)

この数値は健康診断時の「血液検査」でチェックすることができ、尿酸値が7.0mg/dLよりも高い方は、血液の中に尿酸が普通の人よりも多く溜まっていることになります。

尿酸値が高くなると「腎障害」や「尿路結石」「痛風結節」に・・・

尿酸値が高いと必ずしも痛風になるわけではありません。
尿酸値が7.0mg/dLよりも高い方で痛風を発症していない人も多くいます。

とはいえ、痛風発症の危険がなくなったわけではありません。
尿酸値が高い状態が長ければ長いほど、いつか痛風を発症する危険があるのです。
そして、痛風だけでなく、ほかの怖い病気も発症しやすくなります。

それは「腎障害」「尿路結石」「痛風結節(つうふうけっせつ)です。

尿酸の結晶は、関節だけでなく腎臓にも沈着しやすいため、尿酸の結晶が腎臓内で徐々に蓄積されます。
その結果、腎臓の機能を低下させる「腎障害」になる場合があります。
また、膀胱や尿道などの尿の通り道に結石ができると、「尿路結石」にもなります。

この尿路結石は、心筋梗塞や群発頭痛と並んで“三大激痛”と呼ばれるくらい、痛みがキツイ病気です。

尿路結石にかかったことのあるお笑い芸人の「笑い飯」の西田幸治さんも、その痛みをTwitterに投稿されていました。

地獄の痛み・・・。

痛風だけでも痛いのに、尿路結石もかかるリスクがあるなんて・・・。
尿酸値が高い状態はとても怖いですね・・・。


さらに、痛風発作が慢性化してくると、皮膚の下に尿酸の結晶が蓄積してしまい、コブのようになる「痛風結節」の症状が出てきます。
痛風結節ができやすいのは、おもに体温が低い手足の関節や耳たぶ、ひじ、ひざなどです。
コブの形や大きさには個人差がありますが、米粒や大豆くらいの大きさから、大きなものになると、りんごくらいの大きさになってしまうこともあるんです・・・。

痛風結節の場合は痛みはないですが、放置してしまうと関節が曲げにくくなってしまうことがあるので注意してください。

できれば、こんな症状に発展してしまう前に、痛風になるのを予防したいですよね。
そこで、まずは“痛風予備軍セルフチェック”をしてみましょう。

痛風予備軍セルフチェックをしてみよう

痛風予備軍チェック

セルフチェックの方法はカンタンです!
以下の質問で当てはまった数をカウントしてくださいね。


  1. 肉や魚、ホルモンなどの内臓料理をよく食べる
  2. 激しい運動をよくしている
  3. 肥満体型である
  4. お茶や水はあまり飲まない
  5. 食事を食べるスピードが早い
  6. 食事は毎回、ついつい食べすぎてしまう
  7. 仕事は楽しいが、頑張りすぎる傾向がある
  8. アルコール(とくにビール)を毎日飲む
  9. 親や兄弟に痛風患者がいる
  10. 高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病である

この質問で3つ以上当てはまる人は、痛風予備軍の可能性があります。
1、2、3に当てはまった人は、とくに注意が必要です。
もし、健康診断を最近受けていなかったり、健康診断の結果が気になっている場合は早めに医療機関を受診しましょう。

(セルフチェックは両国東口クリニックさんのページを参考にさせていただきました)

尿酸値は食生活を改善すれば下げられる!

尿酸値を下げるには、以下の三点が重要です!


  1. アルコール控えめでバランスの良い食事
  2. 適度な運動をする
  3. ストレスをためないこと

とくに、食事においては、以下の二点をさらに気をつけた方がよいといわれています。

  • 栄養のバランスを考えて、適度な食事をとる
    (プリン体は一日400mgまでにする)
  • 尿をアルカリ性にする食品をとる

(参考PDF:「おいしく食べて尿酸値を下げる(両国東口クリニック)

栄養のバランスを考えて、適度な食事をとる

食事は一日のプリン体が400mgになるよう、バランスに気をつけて栄養を摂取しましょう。
プリン体を多く含む食品には、鶏のレバー、アンコウ肝、煮干しなどがあります。
下記のサイトを参考に、一日のプリン体の摂取量に気をつけてください。

鶏のレバー

食事のバランスを考えだすと、毎回のメニューを考えるのが大変な場合もあると思います。
そんなときは、栄養管理士さんが痛風改善レシピを紹介してくれるアプリ「2who?」を使ってみると良いかもしれません!
「2who(つーふー)」というタイトルの通り、「痛風(つうふう)」もちにとっては欠かせないアプリ。
このアプリでは尿酸値の増加を抑えるレシピが多数紹介されていますので、ぜひインストールしておきましょう!

痛風改善レシピアプリ「2who?」

水分をしっかりとることや、塩分を控えめにすることも大切なので、気をつけてくださいね。

尿をアルカリ性にする!

尿をアルカリ性にする食品では、ひじき・わかめ・昆布と言った海藻や、ごぼう・さつま芋・人参などの緑黄野菜が良いといわれています。

また、アルコールに関しては、ビールやワインに限らず、どんな種類のアルコールでも尿酸が上がってしまいますので、飲み過ぎないようにしましょう。
(その中でも、とくにビールはプリン体が多いのでNG。飲み過ぎには気をつけてください)

アルコールが好きな方は、ぜひ「痛風財団」さんのサイトをチェックしていただき、アルコール飲料中のプリン体含有量を確認してください。

軽い有酸素運動を取り入れよう!

痛風患者の多くは、肥満だといわれています。
つまり肥満を防止することは、痛風防止にもつながりやすいといえます。

痛風防止にオススメなのは、呼吸をゆっくりしながら長く続けられる有酸素運動です。
たとえば、息を切らさずに長く続けられるウォーキング、軽いジョギング、サイクリング、ゆっくりしたスピードの水泳などです。
逆に息がきれるような激しい運動やウェイトトレーニングのような無酸素運動は、急激に尿酸値を上昇させてしまいますので気をつけてください。

有酸素運動の中から、あなたが楽しみながら続けられる運動を選んでくださいね。

尿酸値をチェックするためにも、毎年の健康診断は受診しておくべき!

あなたが会社にお勤めの場合、継続1年以上働いているのであれば、毎年の定期健康診断を受けていると思います。

その健康診断に「血液検査」が入っていれば、尿酸値は検査可能です。
簡単な健診の場合は、血液検査をしない場合があるので、尿酸値を検査できるか心配な場合は、事前に確認しておくとよいでしょう。

健康診断

ここからは豆知識ですが、実は会社は、法律によって、1年以上雇用する従業員の方に健康診断を受けさせる義務があり、従業員の方も健康診断を受ける必要があるんです。

会社には従業員の健康管理に気を配る義務があり、「社員の健康状態が悪いなんて知らなかった・・・」では済まされない時代になっているんです。

ちなみに、健康診断は保険の適用ができません。
健康保険は病気やケガになった際に適用されるもののため、健診に関しては、保険診療外である「自由診療」となってしまうからです。

だから、あなたの健康診断の費用は会社が負担することになります。

費用は一般的なもので大体1万円前後。
10人が受けるとなると10万円。100人が受けるとなると100万円!
会社からすると結構大きな負担ですね。

でも、会社は従業員の健康のために健康診断をおこなうわけなので、もし、「健康診断って面倒くさい・・・」って思っているのであれば、そう思わずに、受けてくださいね。
会社のためというより、あなたのための健康診断だからです。

そう考えると、会社の健康診断って、受ける側からするとメリットだらけです。


  1. 会社が費用を負担してくれる
    (個人で受けると1万円くらいします。検査オプションをつけると、内容によっては、2万円以上に・・・)
  2. 病気を早期発見することができる

とくに普段、医療機関にかかることのない人は、血液検査を受ける機会は少ないと思いますので、会社の健康診断を機会に、「尿酸値」だけでなく、ほかに異常がないかもチェックしてくださいね。

ちなみに、会社に勤務していないフリーランスの人が健康診断を受けたい場合、国民健康保険でも、無料に近い形で健康診断が受診できる場合があります。

たとえば、大阪では40歳~74歳の方が受けられる健康診断があったりします。
(※尿酸値の検査が可能かどうかは事業者に問合せをしてください)

お住まいの地域の自治体のホームページなどもチェックしてみてくださいね。

痛風の危険度は血液検査でわかります!

師長!
痛風って「ぜいたく病」とも言われるそうですが、実際のところは、美味しいものばかり食べてなくても痛風になるんですよね?

そうよ、リコちゃん。
ストレスからも痛風が発生する恐れがあるのよ。

ストレスか・・・。
実は私も最近悩んでいることがあって・・・。
うまく目を合わせられない同僚がいて・・・

あら~、それって中村君のこと?

いえ、な、なななな中村君はあの、あ、関係がないというか

ムフフフフ・・・。
リコちゃん、それはね、ストレスではなくて、「こ・い・わ・ず・ら・い」って言うのよ?

「こ・い・わ・ず・ら・い」

ほわわわわわわわ!!!

この記事の監修にご協力いただきました!

安田洋先生

安田洋先生

目黒通りハートクリニック院長
医学博士
循環器専門医
東京内科医会理事
公益社団法人モバイル・ホスピタル・インターナショナル理事

平成25年、目黒区鷹番に目黒通りハートクリニックを開院。
生活習慣病・心臓病のスペシャリストであるが、AGA/ED治療やピル外来・プラセンタ注射などあらゆる悩みに対応できるクリニック院長として活躍中。
とくに被曝が全くないエコー超音波検査による診断・治療がクリニックの特長。

先生からのメッセージ

病気の情報がネット上にあふれていて便利な時代ですが、怪しい情報もいっぱいあります。
できるだけ正確にわかりやすい情報を提供したいと思います。


当サイトは現役の医師と看護師の監修のもと、健康に関するわかりづらい情報を、架空のキャラクターである「山下リコ」と「伊集院ヨシミ」が話者となり、わかりやすく解説するために生まれたサイトです。

本サイトに書かれている情報は、現役の医師と看護師の監修のもとで提供されていますが、サイト内で紹介している各種ノウハウの効果にはどうしても個人差があります。
そのため、皆様の判断と責任のもとで参考にしてください。

もし、体調が悪いときや身体に異変を感じているときには、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。


もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ