大事な仕事や商談がある日に、あなたのお子さんが病気にかかったとしたら、どうしますか? 今、共働きや一人でお子さんを育てている方に人気の保育施設があります。それは「病児保育室」。 病児保育室は、病気のお子さんを預かるための保育所なんです!

育児と医療

子供が風邪だけど会社を休めない方へ!病児保育室の比較と全国の施設一覧

このコンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、現役の医師と看護師監修のもと、私たちの健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログです。


皆さん、こんにちは!
ユリカモメ病院に勤める新人ナースの山下リコです。

今回は、お子さんがおられる方にぜひお読みいただきたい記事です!
特に「共働き」「一人でお子さんを育てられている方」には知っておいてほしい情報です。

もし、大事な仕事や商談がある日に、あなたのお子さんが病気にかかったとしたら、どうしますか?

会社を休みたくても、休めない場合も多いかと思います。
(たとえ休めたとしても、周りの同僚からの目って気になりますよね・・・)

そんなときのために、ぜひ覚えておいてほしい情報があるんです。
それは「病児保育室」の活用です。

病児保育室というのは、その名のとおり、病気のお子さんを預かるための保育所です!

子供が病気だけど預け先がない・・・。そんな時は病児保育室を使いましょう

この病児保育室、年々利用を検討される方が増えているのですが、下記のような心配をされる方も同時に増えているそうです。

  • 病気の子供を他人に預けるのが怖い・・・
  • 病児保育室って病気の子供ばかり集まる場所だから、別の病気にかからないか心配・・・

うむむ、大事なお子さんのことですから、こんな風に考える方が多いのも分かります。
ただ、リスクだけが先行して、いざという時に病児保育室が使えないのももったいないです!

というわけで今回は、病児保育室に関する知識を掘り下げてみます!

病気の子供は保育所や幼稚園では預かってくれない

小さなお子さんが病気になった際、下記の二つの選択肢があると思います。

  1. おじいちゃん・おばあちゃんなど親戚の方にお子さんを預ける
  2. 親戚以外の誰かに預ける

孫を見るおじいちゃん、おばあちゃん

ただ、「1」の場合は、親戚の方が遠方に住んでいると、預かってもらうのが厳しいですよね。
かといって、「2」の場合だと、保育所や幼稚園は病気の子供を預かってくれません。

なので、「病児保育室」という選択肢が出てくるわけですが、病児保育室は、病気やけがのために通園・通学ができないお子さんを一時的に預かってくれる施設のことです。

施設によって、個室形式(感染症の場合)や食事準備など対応はさまざまですが、その形式は大きく分けて、「医療機関併設型」「保育所併設型」「単独型」という三つのタイプに分かれます。

病児保育室の三つのタイプ

医療機関併設型

「医療機関併設型」は、病院や医療法人などが運営しているタイプです。
メリットは以下の通り。

  • 医師の診察を受けられる
  • ナースと保育士が連携した託児施設なので、比較的安心して子供を預けることができる

保育所運営型

「保育所運営型」は、主に保育所が運営しているタイプです。

保育所が所内で運営しているため、保育所に預けているお子さんが発熱・咳などの症状を起こした場合、その保育所が運営する病児施設に預け先を変更することができます。

メリットは以下の通り。

  • 子供が慣れ親しんでいる保育所の保育士さんが近くにいるため、子供が安心して過ごせる
  • 子供が保育中に病気になっても、保護者の対応は保育所からの「預け先の変更確認」の電話だけで済むため、会社を慌てて早退しなくても良いというメリットがある

単独型

「単独型」は、病児保育単独で運営されているタイプのことです。
NPO法人や企業など、運営母体はさまざま。また、各施設によって特徴も異なります。


これら三つのタイプのうち、私が個人的にオススメするのは、一番目の「医療機関併設型」です。
なぜなら、医師とナースが病気を診てくれるので、安心感が違うからです。
小さな子供の体調変化に対して対応してもらえる医療機関が併設していると、ホッとしますよね。

ただ、実はもっと良いタイプがあります。
それは・・・「医療機関併設型」と「保育所運営型」の両方の良いところを合わせたミックスタイプです!

ミックスタイプだと、保育所からの「病児保育室に移ってもらって良いですか?」という連絡にOKするだけで、保育所のスタッフさんが「保育所」から「病児保育室」へお子さんを連れて行ってくれるだけでなく、医師とナースが病気を診てくれるので、二重に安心なんです。

ミックスタイプの病児保育室なら、パパ・ママも安心してお子さんを預けられるのではないでしょうか?

病児保育室のある病院で診察を受けてみよう!

先ほど、病児保育室を選ぶのなら、「医療機関併設型」か、医療機関併設型と保育所運営型のよい面を備えた「ミックス型」がよいとお伝えしました。
とはいえ、病児保育室を初めて利用する際はドキドキしますよね。

  • 病気の子供を他人に預けるのが怖い・・・
  • 病児保育室って病気の子供ばかり集まる場所だから、別の病気にかからないか心配・・・

こういった不安をもつ方の気持ちはよくわかります。

そこで、不安を払拭する方法をお教えします!!

それは、「病児保育室のある病院で、事前に診察を受けてみる!」ということです。

保育室の様子

病児保育室を運営している病院を見つけたら、実際に受診してみましょう。
たとえば、風邪など軽症な症状でも良いので、事前に受診しておくことで、医師やナースとお子さんとの相性がわかります。
つまり、「この先生やナースに子供を預けても安心かどうか?」ということを事前に判断しておくというわけです。

また、実際の病児保育施設を確認させてもらうこともオススメ。

  • ナース1人につき子供を何人看ているか?
  • 保育時間は何時までか?
  • 病児保育室利用で行政の補助があるかどうか?(補助がある場合の手続きは?)

そういったことも大事なので、注意しておいてください。

行政によっては、利用料金を補助してくれる場合も!

いかがでしたか?

正直、お子さんが病気・けがの場合には、やっぱり親が看護してあげるのが一番良いと思います。
・・・ただ、そうは言っても、仕事やご自身の体調不良でそれが難しいケースもありますよね。

なので、そんな時こそ、一つの選択肢として、今回ご紹介した病児保育室を検討してくださいね。

保育室の様子

ちなみに、行政によっては、利用料金を補助してくれる場合もあるようです!
あなたのお住まいの地域でも確認してみてください。

●参考:東京都千代田区の場合の利用料金の助成例


余談ですが、実は、病児保育の事業は多くの施設が赤字経営を強いられている状況なんです。
というのも、病児保育所は国からの補助金額が少なく、知名度もまだ低いため、利用者が増えていないことが原因のようです・・・。

私は、今回の記事をきっかけに、多くの人が病児保育室を活用してもらえればいいなと思っています。

利用者数が増えれば、病児保育室の品質もより一層向上し、仕事をがんばるパパ・ママの育児を助ける場所になることは間違いないからです。
育児の負担が軽減されれば、家族の笑顔ももっと増えますものね。

一時的に病気の子供を預かってくれるので困った時にも安心!

病児保育所については、全国都道府県の行政のサイトに掲載されていますので、気になる方はチェックしてくださいね。

師長!
最近、病児保育室に関する良いニュースが増えてきているって聞きました!

そうよ。行政も徐々に力を入れてきているの。
例えば、先日も、東京都小平市が公立昭和病院と連携して、病気の子どもを預かる病児保育のサービスを始めたというニュースがあったわ。
病院が運営している保育所の中に病児保育室を開所し、市民が利用できるようにしたそうなの。
医療機関と行政の連携による病児保育室が増えつつあるのは良い傾向ね。

市が病児保育室のサービスを積極的に展開するって素敵ですね!
そう、とてもいい流れだわ。

東京都小平市の場合は、公立昭和病院が運営している保育所の中に病児保育室を開所し、市民が利用できるようにしたそうなの。
医療機関と行政の連携による病児保育室が増えつつあるのはよい傾向ね。

育児と仕事の両立を求める人が多い昨今、育児に合わせたワークバランスを求める人も増えています。
そんな中、こちらの記事のように、日本では多くの働く女性が第1子の出産の際に正職員であり続けることができず、退職を選ばなければならない、というケースも多いようです。
こういった状況を改善していくためにも、保育を柔軟に受け入れてくれる施設の存在は重要だと思います。


当サイトは現役の医師と看護師の監修のもと、健康に関するわかりづらい情報を、架空のキャラクターである「山下リコ」と「伊集院ヨシミ」が話者となり、わかりやすく解説するために生まれたサイトです。

本サイトに書かれている情報は、現役の医師と看護師の監修のもとで提供されていますが、サイト内で紹介している各種ノウハウの効果にはどうしても個人差があります。
そのため、皆様の判断と責任のもとで参考にしてください。

もし、体調が悪いときや身体に異変を感じているときには、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。


もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ