あなたは原因のわからない頭痛に悩んでいませんか?頭痛の原因には体調不良、ストレスなどが挙げられますが、天気と関係しているものもあるんです!迷信じゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、天気と頭痛にはきちんとした関係があったんです!今回は「天気による頭痛」についてご紹介したいと思います。

病気の知識

頭痛の24%は天気が原因!?頭痛で苦労しないための対処法

このコンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、現役の医師と看護師監修のもと、私たちの健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログです。


こんにちは!
ユリカモメ病院の新人ナース、山下リコです。

あなたは普段の生活の中で、「原因のわからない頭痛」に悩んでいませんか?
頭痛の原因には、血行の悪さや疲労、ストレスなどが挙げられますが、実は「天気の変化」も原因のひとつだといわれているんです!

「・・・え?天気が関係しているって、そんなの迷信じゃないの?」と思う方も多いと思います。
でも、天気と頭痛にはれっきとした相関関係があったんです!

頭痛と天気の関係

あなたの周りに「頭が痛くなってきたから、そろそろ雨が降るかも・・・」と言い始める人はいませんか?
そういう人たちは、自分の体験上、雨が降ると頭が痛くなることを知っているので、天候の変化に敏感なのです。

でも、なぜ天気の変化によって頭痛が起こるのでしょうか。
それは天気が悪くなる時の「気圧の変化」が、私たちの脳の血管に影響を与えて頭痛を引き起こしているからなんです。

あなたは、天気予報などで「低気圧が発達するため天気が崩れます」などと聞いたことがありませんか?
大気が「低気圧」の状態になると、雨が降ったり天気が悪くなります。

気圧とは大気の重さが地面にかかる圧力のことです。
つまり、低気圧のときは地面にかかる圧力が低くなります。
そのため低気圧になると、地面の上で生活する私たちにかかる圧力も低くなります。

そして、脳の血管をおさえていた圧力が下がり、血管が広がりやすくなります。
さらに、脳の血管が広がって周囲にある神経を刺激してしまい、頭痛がおきてしまうんです。

このように、天気は頭痛と相関関係があるんです。

また、頭痛にはそれ以外にも様々な要因が関係しています。
そこで今回は、天気が変化すると、なぜ頭痛が起きるのか?と頭痛の種類やその対処法についてお話します。

多くの人が苦しんでいる頭痛。
でも、頭痛の原因をひとつでも多く知っておくことで、悩みから解放されたり、事前に予防することができます。

それではまいりましょう!

曇り空


今回の記事は以下のサイトや書籍を参考にさせていただきました。

あなたの頭痛はどのタイプ?
知っておかないと危険な頭痛の種類と原因について

天気と頭痛との相関関係を説明する前に、まずは、頭痛の種類とその原因をおさらいしておきましょう。

あなたの頭痛はどのタイプ?

頭痛は大きく分けて、「機能性頭痛」「器質性頭痛」というふたつの頭痛に分かれます。
頭痛の症状によって原因や対処法が違いますので、あなたの頭痛はどれに当てはまるのか、しっかりと確認して対処してくださいね。

1、「機能性頭痛」は多くの人が日常的に悩まされる頭痛

「機能性頭痛」は多くの人が日常的に悩まされる慢性的な頭痛のことで、以下のような頭痛の種類を含みます。

緊張型頭痛について

慢性的な頭痛の大半がこのタイプです。
緊張性頭痛の症状は、小さなヘルメットで頭を締めつけられるような鈍い痛みで、子どもから高齢者まで、幅広い年齢層で発症します。

この痛みは頭蓋(ずがい)を包んでいる筋肉が持続的に収縮するために起こります。
緊張型頭痛の特長は、年に数回起きるということ。

また、短い人なら30分程度で収まりますが、長い人の場合は、7日間も続いてしまいます。
頭痛だけでなく、肩や首の強いこり、めまい、ふらつき、全身のだるさといった症状も併発します。

デスクワークによる頭痛


●緊張性頭痛の原因
精神的なストレスを感じたり、同じ姿勢で長時間作業をしていると、肩や首の筋肉が緊張し、血行が悪くなってしまいます。
すると、頭に酸素や栄養分が運ばれにくくなり、頭痛がおこります。
●緊張性頭痛の対処法
緊張性頭痛の対処法は、固くなってしまった肩や首の筋肉の緊張をほぐして、血行をよくしてあげることです。
ですから、入浴のときは肩までしっかり湯船につかって温めましょう。
また、デスクワークの方は、定期的に椅子から立ち上がって歩いたり、首を回したりして、長時間同じ姿勢を取り続けないように気をつけましょう。

次は、女性に多く見られる片頭痛です。

片頭痛について

頭の血管の拡張による頭痛です。
頭の片側もしくは両側が、ズキンズキンと脈打つような強い痛みに襲われます。

この頭痛が起こる前兆として、視界がチカチカしたり、ものが見えにくくなる「閃輝暗点(せんきあんてん)」が出る場合もあります。
緊張型頭痛の次に一般的な頭痛で、比較的女性に多くみられます。
片頭痛は緊張型頭痛に比べて発生しやすく、少ない人でも月に1~2回、多い人は週に1~2回発症するといわれています。

頭痛でこめかみをおさえる女性


●片頭痛の原因
片頭痛のメカニズムは、はっきりと解明されていませんが、脳の血管が広がって炎症を起こすことが原因といわれています。
●片頭痛の対処法
片頭痛の対処法は、こめかみを押さえて血流を緩やかにしたり、横になるなど安静にするようにしてください。
逆に、入浴や運動など、血行がよくなることは避けましょう。
片頭痛の場合は、血行がよくなるとさらに痛みが強くなってしまいます。

最後に、もっとも痛みが強い群発頭痛について説明します。

群発頭痛の症状について

ある一定の期間、毎日のようにほぼ決まった時間に、片方の目の奥が激しく痛むのが群発頭痛です。
数か月~数年に一度、1~3か月の間、主に眠る時間帯にほぼ毎日激痛が起こります。

この群発頭痛は非常に強い痛みを伴うため、心筋梗塞、尿路結石とならんで、生きているうちに味わう三大痛のひとつといわれています・・・。
男性に多く、20~30歳代から発症することが多いのが特徴です。

若い男性が頭痛


●群発頭痛の原因
群発頭痛のメカニズムは、はっきりと解明されていませんが、目の後ろを通っている血管が広がって炎症を起こすことが原因といわれています。
●群発頭痛の対処法
群発頭痛は、痛みが強く自己流での対処が難しいため、早めに医師に相談してください。

あなたの症状に当てはまる頭痛はありましたか?
自分の頭痛がどのタイプに該当するかは、以下のサイトでセルフチェックすることができます。
気になる方は、チェックしてみてくださいね。

2、「器質性頭痛」は、ほかの病気がきっかけで起こる頭痛

「器質性頭痛」はほかの病気が原因で発症する頭痛です。

頭痛を感じている人の約1割が器質性頭痛だといわれていますが、それはつまり、何かほかの病気にかかっている人が1割もいるということです。
原因としては、脳腫瘍や髄膜炎、クモ膜下出血を発症していたり、知らないうちに頭をどこかでぶつけていたり、もしくは目や耳、鼻などに炎症が起きているケースなどです。

この頭痛の特徴は“普段感じたことのない違和感のある頭痛”を感じること。

重大な病気のリスクが潜んでいる可能性がありますので、少しでも変だな・・・と思った際は、速やかに病院を受診しましょう。

医師に相談

女性の方に多い「片頭痛」。なんと30代女性の5人に1人が発症中!

片頭痛は男性より女性に多く発症し、30代女性になると、5人に1人は片頭痛に悩んでいるそうです。

片頭痛の特徴は一度痛み出したら、数時間~72時間は続く痛み。
しかも、動くと痛むので、片頭痛になるとなかなか動けなくなります。

片頭痛のおもな症状は以下の通りです。

  1. 頭痛に伴って吐き気がしたり、胃がムカムカすることがある
  2. 頭痛に伴ってふだんは気にならない程度の光がまぶしく感じることがある
  3. 頭痛に伴ってふだんは気にならない程度の音がうるさく感じることがある
  4. 頭痛に伴ってにおいが嫌だと感じることがある

引用元:片頭痛の特徴・分類(スッきりんのバイバイ頭痛講座)

また、女性の場合、生理によってホルモンバランスが変化するタイミングでも片頭痛が起きやすいんです。
以前書いた生理痛の記事の中でも、生理痛と頭痛の関係についてまとめていますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

気温や気圧の変化によって起こる頭痛

天気への影響度

上記の表は、立正大学の福岡義隆先生と、株式会社テルモが2004年に実施したアンケート調査です。
このアンケートを見ると、頭痛をもっている人のうち30%以上の方が、悪天候になると頻繁に頭痛を感じているようです。
時々痛む人を含めると、なんと、90%以上の人が天気の影響を受けているんです!

天気と頭痛の関係性

そして、天気が悪いときにおきる頭痛の症状は、先ほど説明した片頭痛と同じであるため、天気が引き起こす頭痛は、片頭痛だと考えられています。

ここでは、片頭痛が起こるメカニズムについて詳しく考えてみます。
片頭痛の原因は先ほどお話したように、はっきりと解明されていませんが、頭蓋骨内の血管が広がり炎症が生じるためと考えられています。


ストレスや疲労などの影響で頭蓋骨内の「血管が広がり炎症が起きる」ことで頭痛が起こる。


このメカニズムを天気の変化に当てはめると、悪天候の時に起こる「急な気圧の変化」によって、脳の血管をおさえていた圧力が下がるため、血管が広がりやすくなります。
脳の血管が広がることで、周囲にある神経を刺激してしまうため、片頭痛を誘発してしまう場合もあるようです。

このように気圧の変化によって血管が広がり、炎症が起きて「片頭痛」が誘発されてしまうことが、頭痛の原因になるんですね。
つまり、“天気の変化が片頭痛を引き起こしている”というわけです!

また、気圧が下がることで「自律神経」のバランスが乱れ、体調の変化が起きるという考察もあります。

頭痛についてもっと勉強したいという方は、以下のPDFも読んでみてくださいね。
(ただ、専門用語が多いので、内容は少し難しいかもしれません)

●名古屋大学環境医学研究所
気象変動が自律神経活動と痛覚系に及ぼす影響

●名古屋大学環境医学研究所附属 近未来環境シミュレーションセンター
天気変化と痛み

片頭痛のきっかけ、天気の変化で引きおこる割合は24%!

天気の変化以外にも、片頭痛の引き金には、さまざまな要因があります。

片頭痛の引き金になる環境によるきっかけ

上記の表は、ドーン・A・マーカスさんという神経科の専門医の方が2003年にまとめたデータです。
このデータを見ると「気候の変化」によって頭痛が引き起こされる可能性は24%あるということがわかります。
また、複数の要因が同時に生じることもあります。

天候が悪化した東京

睡眠の場合は、睡眠時間が短くても長すぎてもダメで、睡眠の乱れが頭痛を引き起こします。
旅行の際に頭痛になりやすいという方は、リラックスした状態に見えても “環境が変わる“ という「ストレス」が要因になっていることもあります。

これらの要因に、今回取り上げている「気候の変化」が起きた場合には、頭痛が起こる要因がさらに重なることになるため、雨の日や、雨が降りそうな日に頭痛を感じる方が多くなるんです!

特に気圧の変化が起きやすい「梅雨の時期」や「季節の変わり目」は要注意です!

気候による頭痛を緩和するための、たった一つの方法

片頭痛は、たくさんの要因が合わさって発生することがわかりました。
そして、その要因の中には天気の変化があることもわかりました。
天気の変化による頭痛は、天気が世の中に存在する以上、どうすることもできませんよね。

しかし、複数の要因が重ならないようにすることで、天候が悪い日にも頭痛を起こさないようにできるかもしれません。

解説する女性

下記の表を参考にして、引き金になる要因をできるだけ避けるようにしましょう!

引き金になる要因を避ける

※頻繁に頭痛が起きる場合や、症状がなかなか改善されない場合には、病院や医院を受診することをおすすめいたします。

片頭痛の発生式をつくってみると、分かりやすいかも!

●睡眠の要因×ストレスの要因×天気の要因

この場合、睡眠の要因、ストレスの要因をなくしてあげれば、総合的な発生の割合は大きく下がります。

引き金になる要因を避ける

これは極端な例ですが、このように、考えられる要因に対して、確実に対処していけば、頭痛の発生をコントロールすることができるんです。

自分の頭痛の要因となっている理由をリストアップして、生活習慣に気を配りましょう。
生活習慣の改善は頭痛の緩和に大切です!

頭痛もちさん専用の天気予報アプリ「頭痛~る」

天気の要因自体はどうすることもできないということがわかりましたが、頭痛に備えることはできます!

そこでオススメしたいのが天気予報アプリ「頭痛~る」

“低気圧“ と “頭痛“ と上手につきあっていくために、気象予報士が考案した「頭痛もちさんのためのお天気アプリ」

現在の気圧や気温、気圧差などがチェックでき、頭痛が天気のせいなのかアプリで確認ができちゃいます!

さらに、1時間ごとにアイコンとコメントが入力できる「頭痛ダイアリー」で自分の頭痛の傾向を知ることもできます。

天気予報アプリ「頭痛~る」


頭痛~る
気圧予報&簡単!! 頭痛ダイアリーで分かっちゃう?あなたの片頭痛~だるさ・喘息・めまいなど天気に左右される症状にも

●android版:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pocke.android.zutsu

●iPhone版:
https://itunes.apple.com/jp/app/id602991338


いかがでしたか?

「天気の変化」はわたしたちにはどうにもできないことですが、天気がきっかけになっていることや、「ストレス」「生活習慣」など、頭痛の発生要因を知ることで、頭痛と上手につきあっていきたいですね!

適度な睡眠や運動で健康を保つことが、頭痛予防につながります。
ストレスをためない生活習慣を作っていきましょう!

適度な睡眠や運動で健康を保つことが、頭痛予防につながります

師長!
頭痛予防には、生活習慣がとっても大事なんですね!
そういえば最近は睡眠不足で少し頭が痛いです・・・。

そうね。頭痛を予防するには、普段から健康に気を遣うことが大事だわ。
睡眠不足なら「睡眠の質」を高めておきたいところね。

でも・・・リコちゃんの睡眠不足は、恋の病からきているんじゃない?

えっ・・・!!

あら、中村くん!

えっ!!?中村くんっ!?

ウソよ、ウソ。
あらー、顔が真っ赤なのはどうしてかしら。

ほわわわわわわ・・・!!!

この記事の監修にご協力いただきました!

安田洋先生

安田洋先生

目黒通りハートクリニック院長
医学博士
循環器専門医
東京内科医会理事
公益社団法人モバイル・ホスピタル・インターナショナル理事

平成25年、目黒区鷹番に目黒通りハートクリニックを開院。
生活習慣病・心臓病のスペシャリストであるが、AGA/ED治療やピル外来・プラセンタ注射などあらゆる悩みに対応できるクリニック院長として活躍中。
とくに被曝が全くないエコー超音波検査による診断・治療がクリニックの特長。

先生からのメッセージ

病気の情報がネット上にあふれていて便利な時代ですが、怪しい情報もいっぱいあります。
できるだけ正確にわかりやすい情報を提供したいと思います。


当サイトは現役の医師と看護師の監修のもと、健康に関するわかりづらい情報を、架空のキャラクターである「山下リコ」と「伊集院ヨシミ」が話者となり、わかりやすく解説するために生まれたサイトです。

本サイトに書かれている情報は、現役の医師と看護師の監修のもとで提供されていますが、サイト内で紹介している各種ノウハウの効果にはどうしても個人差があります。
そのため、皆様の判断と責任のもとで参考にしてください。

もし、体調が悪いときや身体に異変を感じているときには、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。


もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ