あなたはまだ親知らずが生えていますか? もし、親知らずがまだ残っているのであれば、磨き残しなどによる「歯周病」には気を付けましょう。 歯周病になると、歯茎の痛みや腫れが出るだけでなく、“膿”が出て“口臭”が発生することがあるんです。 そんな状態になった場合には、親知らずの抜歯を検討しなければいけません。 今回は、親知らずが原因で起こるトラブルとその対処法をお教えします。

人間の身体の知識,

親知らずを放置したら口臭が発生する!?親知らずを抜歯したほうがいいケースまとめ

このコンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、現役の医師と看護師監修のもと、私たちの健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログです。


突然ですが、あなたの口の中には「親知らず」が残っていますか?
すでに抜いたという人も、家族や友人にまだ親知らずが残っている人はいませんか?

もし、親知らずがまだ残っているのであれば、今から話すことを憶えておいてください。
それは・・・親知らずが残っていると“口が臭くなる”場合があるということです!

口臭を我慢する女性

「えっ!?親知らずを残していると口が臭くなるの!?」

そう驚かれる方は多いと思いますので、なぜ、口が臭くなるかをカンタンに説明します。

親知らずがきちんと生えていない場合、歯磨きをした際、親知らずの周りを磨き残してしまうことが多くなります。
すると、その磨き忘れた場所に食べカスが蓄積し、やがてその食べカスが腐って細菌が繁殖し、歯の周りに炎症が起きてしまうんです。

その炎症した状態を「歯周病」と呼ぶのですが、歯周病になると、歯茎の痛みや腫れが出るだけでなく、“膿”が出て“口臭”が発生することがあるんです・・・!

親知らずは必ずしも抜く必要はありません。
例えば、親知らずがきれいに生え、上下がきちんと噛み合っている場合は問題ありませんし、アゴの骨の中に完全に埋まっていて、とくに痛みや腫れがない場合は抜く必要はありません。

ただ、親知らずの生え方が悪いと、先ほどもお伝えしたとおり、歯周病などの炎症を起こして口臭が発生する恐れがあるんです。

さらには、親知らずを放っておくと、もうひとつ気になることが起こる可能性もあります。
それは、歯並びが変わって顔がゆがむ、というものです。

親知らずで顔が歪んだ女性

親知らずは、生え方によっては隣の歯を押し出します。
すると、歯並びに影響が出て、最悪の場合、顔がゆがんでしまう可能性があるのだそうです。

ただ、そういったケースはレアです。
だから、あまり気にする必要はないのですが、ネット上の掲示板では「親知らずが生えてから顔がゆがんだ気がする」という投稿をよく目にしますので、自覚症状がある人は注意が必要です。
(実際のところは、顔の歪みは親知らず以外が原因の可能性もあるため、顔が歪んできたという人は医師の診察を受けましょう)

というわけで、今回は、そんな親知らずのトラブルに巻き込まれることのないよう、親知らずに関する知識をお教えします。

それではまいりますっ!!

親知らずが残っていると口が臭くなったり・・・

「親知らず」ってなぜそう呼ばれるの?
「親知らず」という名前の由来

さて、あなたは「親知らず」という言葉の由来をご存知ですか?

親知らずという言葉の由来にはいろいろな意見がありますが、よく聞く意見は、「親知らずは15歳から20歳前後に生える、つまり、親元を離れるころに生えるため、親が歯の生え始めを知らない」、だから「親が知らない歯=親知らず」と呼ぶ、というものです。

また、乳歯と比較した際に、親知らずは歯が生え替わることがない歯なので、生え替わる歯がないということで、「親が存在しない歯=親知らず」と呼ばれるようになった、という意見もあります。

治療したほうがいい親知らずの生え方パターン

最初にお伝えしたとおり、親知らずは必ずしも抜かなければならないということはありません。

キレイに真っ直ぐ生えていて、歯磨きがきちんとできる状態であれば、歯周病になるリスクはありませんし、普段の食事でも、他の歯と同じように“噛む歯”として使うこともできます。

また、親知らずは「入れ歯」などの土台として使われることがあったり、他の歯を抜かなければならなくなった際に、その歯の代わりに移植されることもあります。

親知らず

なので、けっして、邪魔な歯ではないんですね。

ただ、生える方向がおかしかったり、歯ぐきに部分的に埋まった状態で生えてしまった場合には注意が必要です。
歯磨きがしにくくなり、歯周病になるリスクが残るからです。

歯周病

そして、とくに気を付けなければならないのが、斜めや横向きに生えているケース。

というのも、斜めや横向きで生えた場合、隣の歯に親知らずが当たり、歯を傷つけてしまう場合があるんです。
そうして傷つけられた歯は、その傷のあたりから虫歯になるケースがあります。
親知らずが痛いなあと思って歯科医の診察を受けたら「実は隣の歯が虫歯だった!」ということもよく聞きます。

また、親知らずが歯ぐきや頬(ほお)の粘膜にぶつかると、今度は「口内炎」の原因にもなります。

・・・というふうに、親知らずの生え方が悪いと、さまざまなトラブルを起こす元となります。
よって、生え方が悪い場合には「抜歯をしたほうがいい!」という流れになるんです。

親知らずの抜歯は、生え方によっては高い技術を必要とする場合があります!

親知らずをまだ抜いたことがない人は、親知らずの抜歯のイメージが浮かびにくいかもしれません。
実は、親知らずの抜歯には、あっさり抜けるものと、大がかりな施術になるものがあるんです。

親知らずがキレイに真っ直ぐ生えていれば、歯科医であっさり抜けますが、親知らずが斜めに生えていたり、一部が埋まっているケースには、歯ぐきをメスで切って開く必要が出てきます。

施術

また、親知らずは他の歯と違い、未熟な形のまま生えてくる可能性が多く、歯の根の形がいびつになっていると、抜歯の最後の最後で骨に引っかかってなかなか抜けない・・・!ということもあります。

あとは、親知らずが口の一番奥にある歯であることも障壁になります。
手術器具を入れるにしても、患者さんが口を大きく開く必要があり、患者さんによってはその状態をつらく感じるケースがあるからです。

そんな厄介な親知らずの抜歯ですが、親知らずがアゴの神経に絡みついていたり、骨の奥に入り込んでいるなどの場合には、一般の歯医者さんではなく、大学病院などの口腔外科で抜歯をおこなうことになります。
その際は、手術台に寝ての抜歯になるため、かなり仰々しくはなりますが、万全を期しての抜歯ということですので、どうか安心してくだいね。

ちなみに余談ですが、ドイツでは、親知らずを一本一本抜いていては大変だ!ということで、一度にすべての親知らず(4本)を抜くことが多いそうです・・・!

一度に4本の抜歯をおこなうと、患者さんの身体の負担が大きくなりますので、全身麻酔を使って手術がおこなわれます。
(全身麻酔といっても「静脈内鎮静法」と呼ばれる、麻酔中も意識を失わない麻酔です。日本でも状況に応じて全身麻酔を行うこともあります)

その際、どうしても気になるのが、親知らずを抜いたあとの顔の腫れ。
一度に4本も抜くわけですから、どれくらい顔が腫れるんだろう・・・と気になりますよね。

実は・・・抜歯後の顔はパンパンに腫れるそうです・・・。(やっぱり・・・)

ただ、そこは医療先進国のドイツ。
ドイツには労働者の健康を大切にする文化があるため、親知らずの抜歯を理由に会社を病欠することもでき、顔の腫れが落ち着くまで数日お休みをとれるそうです。

日本人の間でよく言われるように、親知らずの抜歯に関して日独で大きな違いがあるというのは事実です。
それが何かというと、ドイツでは「一度に全部の親知らずを抜くことが多い」ということです。
親知らずが全部揃っていれば上下左右4本ありますが、同時に4本を抜くというのは日本人にはかなり抵抗があると思います。  
しかし、日独の差の理由は極めて単純で、日本の場合「大変だから1本ずつ抜く」と考えるのに対し、ドイツの場合「大変だから全部を一度に抜く」と考えます。
どちらも抜歯は大変という認識があるものの、その対処法がまったく正反対であるのは興味深いところです。

引用元:ドイツ歯科事情 親知らずの抜歯について(ドイツニュースダイジェスト)

一度にすべての親知らずを抜くドイツがいいのか、一本一本抜いていく日本がいいのか、あなたはどっちがいいですか?
悩むところですよね・・・。

ちなみに、親知らずの抜歯をする場合は、できるだけ若いうちにしたほうがよいといわれています。
若い頃のほうが身体の抵抗力が強いため、細菌感染のリスクを下げられるからです。

若い頃に一気に親知らずを4本抜いちゃうドイツのポリシーは、ある意味、理に適っているのかもしれません。

親知らずを抜くのに適切な時期は「若いとき」なんです

抜歯手術後に注意するポイント

もし、親知らずを抜歯することになった際は、抜歯後の行動に気を付けましょう。

というのも、以下のことに気をつけないと、ひどく腫れたり、別のトラブルが起きる可能性があるからです。


  1. 喫煙を控える
  2. 薬を飲み忘れない
  3. 血が止まりにくくなることを避ける
  4. 硬い食べ物、刺激のある食べ物を控える
  5. 腫れを防ぐために冷やす
  6. 舌で傷口を触らない
  7. 極力うがいをしない
  8. 抜歯当日はゴシゴシ歯磨きをしない

通常、上記を守っていれば抜歯後の主なトラブルは防げます。
ただ、中には、下アゴがしびれたり、血が止まらないといった、イレギュラーなトラブルもあります。

そこで、イレギュラーなトラブルが起きた際の対処法を以下にまとめてみました。
ぜひメモしておいてくださいね。

1、抜歯した側の下アゴがしびれている場合

下の親知らずは太い神経の管に近い位置にあるため、下アゴのしびれが0.4~0.5%ほどの確率で起きてしまいます。
もし、しびれが続く場合には医師に相談しましょう。

2、抜歯後、いつまでも血が止まらない

通常、抜歯後の出血は、ガーゼを30分~1時間ほどしっかり噛めば止まります。
ただ、出血の勢いが止まらない場合には、血液の止まりにくい薬を常用しているか、抜歯の時に血管を傷つけてしまった可能性が考えられます。
出血が一向に止まらない場合は速やかに医師に相談してください。

3、数日経ってもズキズキした痛みがとれない場合

数日たってもズキズキした痛みがとれない場合は、「ドライソケット」になっている可能性があります。
「ドライソケット」とは、抜歯した穴が血液で覆われず、骨が直接お口の中にむき出しになっている状態のことを指します。
主に下の歯の親知らずを抜いたあとに起こりやすいので、ズキズキした痛みが続いている場合には医師に相談をしましょう。

4、抜歯した側のアゴに青あざができた場合

抜歯時の内出血が原因で、抜歯した側のアゴに青アザができることがあります。
この場合は、放置しておいて大丈夫です。
数日経てば消えていきます。

5、抜歯をした側の頬が、おたふくのように腫れてしまった場合

親知らずを抜歯した際は、抜歯後3日目をピークに頬が腫れます。
抜歯後、1週間ほど経てば大分落ち着いてきますので、ひとまずは1週間ほど様子をみてください。

6、抜歯した箇所に大きな「穴」が空いてしまって、気になる場合

抜歯した箇所の穴がふさがるには通常1~3ヶ月くらいかかります。
そのため、あまり気にしなようにしましょう。
ただ、食事をした際などに食べカスが入って気になることはあると思います。
その際は、歯ブラシなどでかき出すのではなく、うがいなどで食べカスを流すようにしましょう。


いかがでしたか?

親知らずがまだ残っている人には、今後、抜歯するときがきたときの準備知識としてお役に立てればうれしいです。
また、すでに親知らずを抜いたという方も、親知らずで悩んでいる人が周りにいれば、ぜひ今回のノウハウを教えてあげてくださいね。

親知らず、私は20代の時に抜いたわ~。

師長!そうなんですね!
20代で抜いたというのは早いですね。

まあね。
人によっては早めに生える人もいるから、私の場合も早めに生えてたんだけど、磨き残しで虫歯に・・・。

・・・。

よかったですね!
そのままだと口臭がひどい系の師長になってましたものね!

・・・。

あ、そういえば、私、最近Twitterで20歳以上の人を対象に「親知らずは残っていますか?」というアンケートをとったんですが、62%の人がまだ親知らずが残っているそうでした!

親知らずに関するアンケート結果

なんと!!
今の人たちは歯を大切にするのかしら・・・!
(口臭予備軍がいないか気になるけど)


ちなみに、以前、歯の正しい磨き方について紹介しましたので、虫歯予備軍の方は、こちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

あなたの歯磨きの方法、もしかしたら間違っているかもしれません・・・!

この記事の監修にご協力いただきました!

安田洋先生

安田洋先生

目黒通りハートクリニック院長
医学博士
循環器専門医
東京内科医会理事
公益社団法人モバイル・ホスピタル・インターナショナル理事

平成25年、目黒区鷹番に目黒通りハートクリニックを開院。
生活習慣病・心臓病のスペシャリストであるが、AGA/ED治療やピル外来・プラセンタ注射などあらゆる悩みに対応できるクリニック院長として活躍中。
とくに被曝が全くないエコー超音波検査による診断・治療がクリニックの特長。

先生からのメッセージ

病気の情報がネット上にあふれていて便利な時代ですが、怪しい情報もいっぱいあります。
できるだけ正確にわかりやすい情報を提供したいと思います。


当サイトは現役の医師と看護師の監修のもと、健康に関するわかりづらい情報を、架空のキャラクターである「山下リコ」と「伊集院ヨシミ」が話者となり、わかりやすく解説するために生まれたサイトです。

本サイトに書かれている情報は、現役の医師と看護師の監修のもとで提供されていますが、サイト内で紹介している各種ノウハウの効果にはどうしても個人差があります。
そのため、皆様の判断と責任のもとで参考にしてください。

もし、体調が悪いときや身体に異変を感じているときには、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。


このページの先頭へ