きちんと寝ているのに、昼間に急激な眠気を感じることはありませんか?そんなあなたは「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません・・・!睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまうために睡眠の質が落ち、日中に眠気を感じる病気です。そして、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、昼間に突発的な眠気に襲われるため、健康な人の約7倍も交通事故を起こしてしまうんです!今回は睡眠時無呼吸症候群の原因や症状、治療法についてお話します。

ストレスマネジメント, 人間の身体の知識, 快眠・不眠解消, 検査の豆知識, 病気の知識

昼間の急な眠気や大きな“いびき”に注意!睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状や治療法まとめ

このコンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、現役の医師と看護師監修のもと、私たちの健康に関する話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説するブログです。


こんにちは。
ユリカモメ病院の新人ナース、山下リコです。

突然ですが、あなたは同じ部屋で寝ている家族や恋人から「いびきがうるさい」などと指摘されたことはありますか?
もしくは、しっかり寝ているはずなのに、昼間に急な眠気を感じることはありませんか?

そんなあなたは、もしかすると「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません・・・!

イビキが大きい

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。
そのために睡眠の質が?ち、日中に強い眠気におそわれます。
英語の頭文字を取って「SAS(サス)と呼ばれることもあります。
(SASとは、「Sleep Apnea Syndromeスリープ・アプニア・シンドローム」という言葉の略です。)

この病気になると、呼吸が止まってしまう「無呼吸」という状態が10秒以上続いてしまいます。
ためしに10秒息を止めてみるとわかりますが、その状態はとても苦しいです・・・。

実は、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、眠っているときに1時間で5回以上も無呼吸になっているんです。
(医学的には、無呼吸状態が1時間あたり5回以上、または睡眠中に30回以上みられると睡眠時無呼吸症候群と診断されます)

無呼吸の状態になると酸素を体内に取り込めなくなり、血液中の酸素濃度が急激に下がります。
そうなると、エベレスト山頂にいるのと同じくらい酸素濃度が低くなってしまうことがあるんです・・・!

睡眠時無呼吸はエベレストと同じ

自宅で眠っているときに、そんな過酷な状況になってしまうなんてコワイですよね・・・。

そして、このような血中酸素濃度が低い状態になると、身体に大きな負担がかかります。
具体的には、少ない酸素を全身に供給しようと心拍数が急激に増えるので、心臓や血管に大きな負担がかかってしまう恐れがあるんです・・・!
そのため、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、健康な人と比較すると、心筋梗塞や狭心症、高血圧などの循環器系の病気にかかるリスクが約2~4倍にも上昇します。

また、睡眠時無呼吸症候群になると、眠っている間に身体に負担がかかるために、深く眠ることができず、“きちんと寝ても眠いし、身体が疲れている”状態になります。
すると、昼間に突発的な眠気に襲われることがあり、もし、それが運転中に起きてしまうと交通事故につながってしまうんです!
それを証明するかのように、健康な人と比較すると睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、なんと約7倍も交通事故を起こしているんです・・・!

(参考:睡眠時無呼吸症候群|仙台厚生病院

睡眠時無呼吸症候群の交通事故の確率は7倍

睡眠時無呼吸症候群になってしまうと、こんなにも悪影響があるんですね・・・。
このような患者さんは、日本に300万人以上いるといわれています。

ですが、実際に治療を受けている人は20万人程度で、自分が睡眠時無呼吸症候群であることを自覚していない患者さんもたくさんいるんです。
(参考:睡眠時無呼吸症候群|仙台厚生病院

そう聞くと、「もしかして私も睡眠時無呼吸症候群なのかな・・・?」と気になりますよね。
睡眠時無呼吸症候群になりやすい人は、以下の通りです。


  1. 肥満体型の人
  2. (あご)が小さい人
  3. 鼻が詰まっていて口呼吸している人
  4. お酒を飲んで寝る人
  5. 睡眠導入剤を飲んでいる人
  6. 心不全や脳卒中などの心臓や血管系の病気の人

このような人が、なぜ睡眠時無呼吸症候群になりやすいのかは、後ほど詳しく説明しますね。

ちなみに、男性は女性の2倍以上、睡眠時無呼吸症候群になりやすいので、とくに注意が必要です。※国立循環器病研究センターより

というわけで、今回は睡眠時無呼吸症候群の原因や症状、治療法についてお話しします。
あなた自身だけでなく、大切な家族や恋人が睡眠時無呼吸症候群かもしれないと思っている人は、しっかりチェックしてくださいね。

それではまいりますっ!

睡眠時無呼吸症候群かどうかをチェックしよう

まずは、睡眠時無呼吸症候群のチェック方法について紹介していきますね。

【睡眠時無呼吸症候群チェック その1】
1.眠気の度合いをチェック

睡眠時無呼吸症候群は昼間の眠気がすごい

ちゃんと睡眠をとっているのに昼間にとても眠い場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
そんな場合は、日中に病的な眠気がないかをチェックする「エプワースの眠気テスト」というチェック法を試してみてくださいね。

この「エプワースの眠気テスト」では、8つの状況での眠気を0~3点で採点していきます。

睡眠時無呼吸症候群のチェックリスト

このテストの合計点数が高いほど眠気レベルが深刻で、11点を超えると睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。
また、10点以下でも日中に強い眠気を感じることが多い場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性があるんです。
心当たりがある場合は、早めに医師に相談しましょう。

次に、ほかの症状からチェックする方法について、説明します。

【睡眠時無呼吸症候群チェック その2】
2.眠気以外の症状もチェック

症状から睡眠時無呼吸かをチェック

次に、睡眠時無呼吸症候群の主な症状を紹介します。
当てはまる症状が複数ある場合は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。


●睡眠中の症状
・大きなイビキをかいていると家族に言われる
・睡眠中に息が止まったり、呼吸のリズムが乱れていたりすると家族に言われる
・息苦しくて目が覚めることがある
・夜中に何度も目が覚めてトイレに行く
●昼間の症状
・朝起きたときに疲れが取れていないと感じる
・眠くなったり、ウトウトと居眠りしたりすることがある
・記憶力や集中力が低下している
・少し動くだけで疲れを感じるようになった

朝起きても疲れが取れない場合は睡眠時無呼吸の可能性あり

当てはまる症状が多い場合は、早めに医療機関を受診することをオススメします。

さて、睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状は大きなイビキですが、実はイビキをかかないタイプの睡眠時無呼吸症候群もあるんです。
というわけで、次に医療機関を受診する前に知っておきたい睡眠時無呼吸症候群の種類について解説します。

睡眠時無呼吸症候群は原因によって分類される

睡眠時無呼吸症候群は、原因によって以下の2種類に分けられます。


  1. 閉塞性(へいそくせい)睡眠時無呼吸
  2. 中枢性(ちゅうすうせい)睡眠時無呼吸

それぞれの症状について、詳しく説明します。

【睡眠時無呼吸症候群の種類】
1.気道が狭くなることが原因で起きる閉塞性(へいそくせい)睡眠時無呼吸

「閉塞性(へいそくせい)睡眠時無呼吸」とは、舌の付け根などによって気道がふさがれて狭くなってしまい、呼吸がスムーズにできない症状のことです。
実は、睡眠時無呼吸症候群の患者さんの約90%が、この“閉塞性睡眠時無呼吸”なんです。

気道をふさいでしまう可能性があるのは、以下の3つの箇所だといわれています。


  1. 舌の付け根である「舌根(ぜっこん)
  2. 上顎の奥にある「軟口蓋(なんこうがい)
  3. (のど)の奥にある「咽頭蓋(いんとうがい)

閉塞性睡眠時無呼吸

そして、以下のような原因で気道が狭くなってしまうんです。


●舌根などが喉のほうに下がってくる
・アルコールや睡眠薬によって舌の筋肉がゆるむ
・仰向けで寝ることで、重力で舌根などが喉に落ちてくる
・口呼吸をすることで、顎(あご)が下がって、舌根などが喉に落ちてくる
●顎が小さい
顎が小さい人は、気道がもともと狭い
●肥満
首周りに脂肪がついてしまい、気道が狭くなる
●喫煙
タバコを吸うと気道が炎症を起こしてむくんだり、舌の筋肉を低下させたりすることがある

このように、閉塞性睡眠時無呼吸の原因はさまざまなので、誰でも閉塞性睡眠時無呼吸になる危険性があるんです・・・!

閉塞性睡眠時無呼吸は大きないびきをする

ちなみに、閉塞性睡眠時無呼吸の患者さんは大きなイビキをかくのが特徴です。
なぜなら、狭くなった気道に大量の空気を送り込もうと呼吸をするため、空気抵抗で鼻や喉の粘膜が振動して大きな音が出るからです。

続いては、もうひとつの無呼吸症候群である「中枢性(ちゅうすうせい)睡眠時無呼吸」について解説します。

【睡眠時無呼吸症候群の種類】
2.脳が呼吸をする指令を出さなくなる中枢性(ちゅうすうせい)睡眠時無呼吸

「中枢性(ちゅうすうせい)睡眠時無呼吸」とは、脳から「呼吸しなさい」という命令が出なくなることによって、呼吸ができなくなる症状のことです。

実は、脳からの命令が途絶えてしまう原因やメカニズムは、まだ詳しく解明されていません。
ですが、心不全などの心臓の機能低下や、脳卒中の患者さんにこの症状が出ることが多いため、心臓や血管などの循環器系の病気と関連しているといわれています。

また、中枢性睡眠時無呼吸症候群は気道が狭くなるわけではないので、イビキをかかないのが特徴です。


ここまで睡眠時無呼吸症候群の2つの種類を解説してきましたが、どちらの場合も早めに病院を受診し、しっかりと治療すれば症状を改善することができます。

というわけで、続いては睡眠時無呼吸症候群の治療について紹介します。

睡眠時無呼吸症候群は病院でしっかり治療しよう

睡眠時無呼吸症候群の治療が受けられるのは、次の診療科です。


  1. 耳鼻咽喉科(じびいんこうか)
  2. 呼吸器科
  3. 循環器科

上記の診療科でも、睡眠時無呼吸の治療をしていない場合もあるので、受診前にあらかじめ確認しておきましょう。
また、最近は「睡眠クリニック」などの名称で睡眠時無呼吸症候群を専門に扱っている医療機関も増えています。

睡眠クリニック

では、続いて医療機関を受診すると、どのような診察を受けるのかを説明します。

まずは睡眠時無呼吸症候群の検査を受ける

病院を受診すると、まずは睡眠時無呼吸の検査を受けます。
検査は、以下のような流れで進みます。


  1. イビキや眠気などに関する問診
  2. 自宅で計測キットを使う簡易検査
  3. 入院してPSG検査

睡眠時無呼吸の検査について

検査には、保険が適用されますので安心してくださいね。
それぞれの検査方法について、詳しく説明していきます。

【睡眠時無呼吸症候群の検査】
1.イビキや眠気などに関する問診

問診

イビキや眠気の状況について、医師が問診を行います。
イビキの状況は、患者さん本人より配偶者や恋人のほうが状況を知っていることが多いので、一緒に受診することをオススメします。

この問診では、先ほど紹介したチェック方法と同様の内容を聞かれることが多いです。
そのため、問診に対する回答をあらかじめ整理しておくといいでしょう。

【睡眠時無呼吸症候群の検査】
2.自宅で計測キットを使う簡易検査

自宅での睡眠検査

問診によって睡眠時無呼吸症候群の疑いがあった場合は、簡易検査を行うことになります。
簡易検査では、血中の酸素飽和度などを調べる機械である「パルスオキシメーター」などを病院から借りて、自宅で睡眠中の呼吸状態をチェックします。
具体的には、指先や鼻の下にセンサーを装着し、さらに腕にも小さな機械を装着した状態で就寝します。

そして、測定が終わったら機械を病院に返却して、結果が出るまで1週間ほど待ちます。

【睡眠時無呼吸症候群の検査】
3.病院で多種多様なセンサーを使う入院検査

入院検査

簡易検査で睡眠時無呼吸症候群の診断がつかない場合や、医師が必要と判断した場合に、くわしい検査をするために入院検査をすることがあります。
入院検査では、「終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)と呼ばれる検査を行い、呼吸状態と睡眠状態を細かくチェックしていくんです。

このポリグラフとは、Perfumeの名曲「ポリリズム」・・・とは何の関係もありません。
ポリグラフとは、呼吸や脈拍、脳波などの身体の動きを同時に計測できる装置のことなんです。

具体的には、気流センサーやイビキセンサー、脳波測定機器などを身体中に装着した状態で、病院のベッドで一晩眠ります。
「そんな状態で本当に寝られるのかなぁ・・・?」と思うかもしれませんが、意外とリラックスして大きなイビキをかいて寝る患者さんも多いんですよ。

仕事帰りに入院検査をして、翌朝は病院から出勤できる病院もありますので、忙しい人でも入院検査が受けやすいので安心してくださいね。
検査終了後、結果が出るまでには1週間ほどかかります。


以上のような流れで、検査は進んでいきます。
そして、睡眠時無呼吸の有無や重症度、種類について診断されたら治療を進めていくことになります。

先ほど説明した通り、睡眠時無呼吸症候群は下記2つのタイプがあり、それぞれ治療方法が異なります。


  1. 気道が狭くなってしまう「閉塞性睡眠時無呼吸」
  2. 脳が呼吸をする指令を出さなくなる「中枢性睡眠時無呼吸」

というわけで、症状別の治療方法について詳しく説明していきます。

閉塞性(へいそくせい)睡眠時無呼吸症候群の治療方法

閉塞性睡眠時無呼吸の治療方法は、以下の3つです。


1.CPAP(シーパップ)療法

CPAP

「CPAP(シーパップ)療法」は、欧米や日本でもっとも普及している治療方法です。
鼻から喉へと一定の圧力で空気を送り込み続ける機械を睡眠中に使用することで、舌根などが気道をふさぐのを防止します。

2.マウスピース療法

マウスピース

マウスピース療法は、下顎を上顎よりも前方に出すように固定することで、舌根が気道をふさがないようにする治療方法です。
比較的症状が軽い場合は効果が出やすいですが、重症だと効果が出ないこともあります。

3.外科手術
これまで紹介した治療法を試してみたけれど効果がなく、睡眠時無呼吸症候群の症状が軽度の場合に限って、外科手術をすることがあります。
この手術では、気道をふさいでしまう原因となる箇所を切除します。
ただ、手術をしても長期的に効果が持続しなかったり、症状が悪化したりすることがあるため、外科手術はほとんど行われません。

中枢性(ちゅうすうせい)睡眠時無呼吸の治療方法

中枢性睡眠時無呼吸では、まずは大きな原因と考えられる心臓や血管の病気の治療を行います。
原因となる病気がよくなれば、睡眠時無呼吸の症状も徐々に改善していくことが多いです。

しかし、まれに原因となる病気が完治しても、睡眠時無呼吸が治らないことがあり、その場合は閉塞性睡眠時無呼吸のようにCPAP療法などの酸素を供給する治療法が実施されます。


このように、病院では症状に応じて治療を進めていきます。

もし、これまでの話を聞いて「症状はそこまでひどくないし、病院に行くのは気が進まないな・・・」と思った方は、次に説明する“睡眠時無呼吸症候群の対処法”をまずは試してみてください。
ただ、対処できるのは気道がふさがる「閉塞性睡眠時無呼吸」の場合だけなので注意してくださいね。

閉塞性(へいそくせい)睡眠時無呼吸の対処法

対処法のポイント

閉塞性睡眠時無呼吸の対処法は、以下のとおりです。


1.就寝前にお酒を飲まない
寝る前にお酒を飲むと、舌の筋肉などがゆるんで気道をふさいでしまいますので控えましょう。
2.耳鼻科で鼻炎を治す
鼻炎などで鼻が詰まっていると、睡眠時に口呼吸をしてしまいがちです。
口呼吸は鼻呼吸よりも気道が狭くなってしまうので、なるべく早く鼻炎を治しましょう。
3.睡眠薬を使用している場合は、主治医と相談する
就寝前の飲酒と同じように、睡眠薬でも舌の筋肉がゆるむことがあるので、睡眠薬を使用している場合は、主治医に相談してみましょう。
ほかの薬に変更してくれる可能性があります。
4.横向きで寝る
仰向けで寝ると気道が狭くなりがちなので、意識的に横向きで寝るようにしましょう。
たとえば、抱き枕を使うと、自然に横向きで寝ることになるのでオススメです。
5.ダイエットする
二重あごになるくらいまで太っていると、首まわりの脂肪が気道を圧迫してしまいます。
その場合は、適正体重までダイエットして首まわりの脂肪を減らしましょう。
ちなみに、適正体重は下記の計算で求めることができます。
身長(m)×身長(m)×22=適正体重(kg)

詳しく知りたい方は、下記ページで詳しく紹介されているのでチェックしてみてくださいね。

6.喫煙を控える
タバコを吸うと、気道が炎症を起こしてむくんだり、舌の筋力が低下したりすることがあります。
そのため、喫煙は控えるようにしましょう。

いかがでしたか?

このように、少しずつ生活習慣を見直すことで、睡眠の質は上げていくことができます。

今回は、睡眠時無呼吸症候群の症状や治療法について、説明しました。
睡眠時無呼吸症候群は、循環器系の病気になる可能性が高かったり、事故を引き起こしたりする危険性があります。
夜きちんと寝ているのに昼間に急な眠気を感じる人は、医師に相談してみてくださいね。

睡眠時無呼吸症候群になったら大変なんですね・・・!

そうね、身体への負担が大きいし、交通事故のリスクが上がるから、早めに治した方がいいわ。

そうですね。
ところで、睡眠時無呼吸症候群じゃなくても、イビキが大きい人っていますよね?
うちの両親の寝室から毎晩イビキが聞こえてきて、困ってるんです・・・。

そうなのね。

イビキをかかなくす方法は、あるんですか?

いろいろと方法はあるけど、一番簡単なのは顔を横向きにすることね。
イビキをかいているときは仰向けで寝ていることが多いから、顔を横向きにするとイビキがおさまることが多いのよ。
お父さんに伝えてあげてね。

ありがとうございます・・・!
これでお母さんのイビキが止まると思います!

え・・・。


当サイトは現役の医師と看護師の監修のもと、健康に関するわかりづらい情報を、架空のキャラクターである「山下リコ」と「伊集院ヨシミ」が話者となり、わかりやすく解説するために生まれたサイトです。

本サイトに書かれている情報は、現役の医師と看護師の監修のもとで提供されていますが、サイト内で紹介している各種ノウハウの効果にはどうしても個人差があります。
そのため、皆様の判断と責任のもとで参考にしてください。

もし、体調が悪いときや身体に異変を感じているときには、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。


このページの先頭へ