「どうしても転職したいところがあって、絶対書類選考に通りたい!」そんなことを考えている方必見です!今回は、書類選考の通過率が上がる“履歴書と職務経歴書の書き方のポイント”をお伝えしますね。

いまどきのナース事情, 看護師転職ノウハウ, 転職成功ノウハウ

転職を成功させたい看護師必見!書類選考の通過率がアップする履歴書と職務経歴書の書き方

このコンテンツでは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが、あなたの生活に役立つ話をできるだけわかりやすい言葉を使って解説しています。
当コンテンツはこちらの運営ポリシーに沿って、信用度の高い情報を取り上げています。もしお気付きの点などございましたら、お知らせください。


こんにちは。
ユリカモメ病院の師長、伊集院よしみです。

あなたは、こんなことを考えていませんか?

「転職しようと思っているけど、履歴書や職務経歴書はどう書けばいいんだろう?」
「どうしても転職したいところがあって、絶対書類選考に受かりたい!」

履歴書を書く

履歴書や職務経歴書は書く機会が少ないですし、職場の先輩に書き方を相談するわけにもいきませんよね。
かといって、「こんなものかな」と適当に書いてしまうと書類選考で落とされてしまうかもしれません・・・!
そんな事態は避けたいですよね。

とくに、以下に当てはまる方は書類選考で落とされてしまう可能性があるので、気合いを入れて応募書類を作成する必要があります。
(理由については、のちほど詳しく説明しますね)

書類選考で落とされる可能性のある人

そこで今回は、書類選考の通過率が上がる“履歴書と職務経歴書の書き方のポイント”をお伝えしますね。
私は師長として、書類選考をする機会があるので、その経験をふまえてアドバイスしちゃいます!

それでは、まいりましょう。

書類選考で落とされてしまう可能性がある人とその理由

書類選考

先ほどお話しした通り、以下に当てはまる人は、書類選考で落とされてしまう恐れがあります。
理由と一緒に説明しますね。


1.希望している転職先の競争率が高い
採用枠はひとりなのに何十人も応募がくるような人気求人の場合、すべての人を面接に呼ぶことができないので、書類選考で絞りこまれます。
2.短期間で退職した経験がある
採用する側は、長く働いていてくれる人を採用したいと思っています。
そのため、「短期間で退職したことがある人はすぐに辞めてしまうのではないか」とリスクを感じる恐れがあるんです。
3.転職回数が多い
短期間で退職しているのと同様に、多くの職場を転々としている人は退職のリスクがあると判断され、書類選考で落とされてしまう可能性があります。
4.ブランクがある
即戦力を求めている職場に複数の応募があった場合は、ブランク期間がない人を選ぶ可能性が高いです。
5.日勤しか働けない
常勤で働ける人を求めている場合は、日勤しか働けない人よりも常勤で働ける人を優先して選ぶ可能性があります。
6.年齢が高い
組織のバランスによっては、若手の看護師を優先して選ぶ可能性があります。

あなたは、これらの条件に当てはまりますか?
もし、当てはまる場合はどうしたらよいのでしょうか。
(当てはまらない人も、書類選考の通過率を上げるためにチェックしてくださいね)

書類選考を通過する履歴書は、ポイントを押さえて意欲が伝わるように作成する

万年筆と履歴書

履歴書に関しては、マナーをきちんと守ること、意欲が伝わるように丁寧に作成することが重要です。

まず、履歴書の作成手順を説明していきますね。


1.ノートなどに考えをまとめる
いきなり履歴書に書き始めると書き損じてしまう可能性が高いので、履歴書に書くべきことをあらかじめノートなどに書き出してみましょう。
2.履歴書に書き始める前に印鑑を押す
印鑑を最後に押すと、「せっかくキレイに書いたのに印がかすれてしまった・・・」なんてこともあります。
まず印鑑を押して、しっかり乾かしてから書き始めるようにしてくださいね。
3.手書きで丁寧に書きましょう
黒インクのボールペンで、丁寧に手書きしましょう。
いきなりボールペンで書くのが不安な方は、うすくシャーペンで下書きしてから書いてもいいと思います。
その場合は、ボールペンの文字が乾ききってから、キレイに消しゴムで消してくださいね。
もし、書き損じた場合は訂正印や修正テープなどは使用せずに、必ず新しい履歴書を使用するようにしましょう。
また、消せるボールペンも使用しないでください。
消せるボールペンで書くと、本人以外の誰かが内容を書きかえることができてしまうからです。
4.項目はすべて埋める
書類選考で応募者を選考する人にとって、判断材料は履歴書などの応募書類しかありません。
熱意を伝えるために、空白がなるべくないように作成しましょう。
空白が目立つと、転職に対する意欲がない印象を与えてしまうので注意してくださいね。

こうしたポイントを押さえながら、履歴書を作成していきましょう。

次に、とくに注意が必要な項目について説明します!

【履歴書で注意したい項目】
1.日付

「記入した日付」ではなく、「提出する日付」を記載してください。
郵送する場合は差出日、面接に持参する場合は当日の日付を記載します。
後から日付を記入する場合は、同じペンを使用してくださいね。

【履歴書で注意したい項目】
2.写真

写真は、3ヶ月以内に撮影したものを使用しましょう。
もし、3ヶ月以内でも髪の長さがまったく違うなど、今の風貌と違う場合は撮り直しておいてくださいね。

服装は、ジャケット着用で白いブラウスなどが好印象です。
ロングヘアの人は、顔がハッキリとわかる、清潔感のある髪型にしてくださいね。

証明写真

たまに見かけるのは、スナップ写真の切り抜きやシールの写真などを貼っている履歴書です。
そんな写真を貼ってしまうと、一般常識がないと判断されてしまうので、写真がない場合はきちんと撮影しましょう。

【履歴書で注意したい項目】
3.現住所・連絡先

現住所は、郵便番号・都道府県からきちんと書いてくださいね。
マンションにお住まいの場合は「マンション名」「部屋番号」も記入しましょう。
連絡先に携帯電話番号を書く場合は、先方から電話がかかってくる可能性があるので、必ず留守番電話の設定をしておいてくださいね。
連絡がきたら、すぐに折り返しの連絡をしましょう。

【履歴書で注意したい項目】
4.学歴

学歴は中学校卒業以降の入学・卒業年月を記載するのが一般的です。

あなたの卒業年度を確認する場合は、ナースフルのサイトにある「入学・卒業年早見表」を利用すると便利ですよ。
2年制~4年制までそれぞれ一覧になっているので、すぐに確認できます。

早見表のキャプチャ

【履歴書で注意したい項目】
5.職歴

職歴は就職した勤務先に限るので、学生時代の実習先などは記載しません。
退職理由については、以下いずれかで該当するものを記載しましょう。


  • 一身上の都合により退職
  • 病院都合により退職
  • 会社都合により退職

また、パートや派遣社員として働いた場合は、以下のように記載しましょう。


●パートの場合
「●●病院にてパート勤務」と記載します。
●派遣社員の場合
「株式会社●●に派遣登録。派遣社員として以下で職務に従事。
ユリカモメ病院 循環器科にて看護業務」と記載します。

雇用形態ごとに記載方法が違いますので、気をつけてくださいね。

【履歴書で注意したい項目】
6.志望動機

志望動機は、もっとも創意工夫やアピールができる項目です。

志望動機の欄は、なるべく全部埋めるようにしたほうがいいでしょう。
ナースフルの「志望動機の例文集」などを参考に、ぜひ考えてみてくださいね。
(以下は例文の一部です)

志望動機サンプルキャプチャ

【履歴書で注意したい項目】
7.希望欄

配属先の希望や、看護寮入寮や託児所の利用希望がある場合は書いておくようにしましょう。
ただし、給料や休日などの希望を多く書きすぎると印象が悪くなる可能性があります。
希望については、面接の場でも伝えられますので、必要最低限の希望を書いておきましょう。


このような点に気をつけて、丁寧に履歴書を書いてくださいね。

履歴書の書き方をさらに知りたい人は、ナースフルの転職成功ガイドで、以下のようなサンプルイラスト付きでくわしく紹介されていますので、ぜひチェックしてください。

履歴書キャプチャ

そして、履歴書が書けたら、必ずコピーをとって手元に残しておきましょう。
なぜなら、手元に残しておかないと書いた内容を忘れてしまい、面接のときに会話がかみ合わなくなる恐れがあるからです。

また、応募時は履歴書のみの提出を求められるケースがほとんどですが、熱意をアピールしたい場合は職務経歴書を添えて提出してもいいでしょう。
(医療機関によっては、職務経歴書の提出を求められることもあります)

職務経歴書を書いたことがない人もいると思いますので、ポイントを説明しますね。

職務経歴書の書き方のポイントは、あなたの能力やスキルを伝えること

悩む・パソコンを使う女性

職務経歴書の書き方のポイントを説明しますね。


1.職務経歴書は手書きではなくパソコンで作成する
履歴書と違い、職務経歴書はフリーフォーマットです。
そのため、Wordファイルなどパソコンで作成します。
2.志望動機は、履歴書よりも詳細に記載する
履歴書と違い、職務経歴書は記入欄の制限がありません。
そのため、履歴書に記載した志望動機を、より膨らませる形で記載してくださいね。
3.職務経歴でアピールしよう
あなたが得意としている業務、力を入れた研究テーマなどがわかるように記載しましょう。
プリセプター業務などの経験があれば、記載しておくとマネジメント能力をアピールすることができます。

職務経歴書のくわしい作り方については、ナースフルの職務経歴書作成ページに、以下のようなサンプルイラスト付きで解説されているので、チェックしてくださいね。

職務経歴書キャプチャ

履歴書や職務経歴書の作成方法について、おわかりいただけたでしょうか?

書類が作成できたら、さらに履歴書をブラッシュアップするために、プロに見てもらうことをオススメします!
プロとは、看護師専門の紹介会社のキャリアアドバイザーです。

紹介会社に登録をすれば、あなたの履歴書や職務経歴書をより魅力的にするためのアドバイスや添削をしてもらうことができるんです。

さらに、紹介会社を通じて応募をすれば、あなたの魅力を応募先に対してPRしてもらうこともできます。

看護師専門紹介会社のススメ

私がオススメするのは、看護師専門の紹介会社であるナースフルです。

ナースフルは多くの医療機関との信頼関係があり、これまでも多くの看護師の転職を支援しています。
興味がある人は、こちらからナースフルに登録してみてくださいね。


いかがでしたか?

履歴書や職務経歴書の書き方は、職場の上司や先輩に相談するわけにもいきません。
プロをうまく活用して、あなたの転職活動を有利に進めてくださいね。


当コンテンツは、架空のキャラクターである山下リコと伊集院ヨシミが話者となり、あなたの生活に役立つ話をできるだけわかりやすく解説しています。


このページの先頭へ